2014年8月17日 (日)

父が息子に語るマクロ経済学

2014年8月17日の毎日新聞に齊藤誠著『父が息子に語るマクロ経済学』の書評が掲載されました(登録すると無料で読めます)。一人一人の人間が将来のことを考えながら生きているということを前提に、マクロ経済の動きを考えるという現代マクロ経済学の考え方を、現実のデータをもとにわかりやすく...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月11日 (金)

阪大省エネポスター

阪大の省エネポスター 阪大の省エネポスターの動画版

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月30日 (月)

2013年のベストセラー

2013年の本ブログのベストセラーです。 「脳の中の経済学」が紙の本とKindle版の両方で上位に入りました。 ありがとうございます。2014年にはオイコノミアの本も出版される予定です。 順位 書名 1 脳の中の経済学 (ディスカヴァー携書) 2 い...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 1日 (金)

阪大クイズバトル

阪大に関するクイズに答えて優勝すると iPad Air がもらえます。11月3日(日)12:00〜13:15 まちかね祭 総長との阪大クイズバトル。滝の道ゆずる君もきてくれま す。司会はABCラジオ「おはようパーソナリテリティ  道上洋三です」のアシスタントをしている久野愛さん(...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月20日 (日)

人びとのための資本主義

10月20日の毎日新聞朝刊『今週の本棚』に、ジンガレス著『人びとのための資本主義』についての私の書評が掲載されました。毎日新聞社さんの許可のもと、書評をアップさせて頂きます。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月17日 (木)

研究レベルを低下させる労働契約法

労働契約法が再改正されるとのこと。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131017/k10015335791000.html 「週刊東洋経済」(2013.8.31)に「研究レベルを低下させる労働契約法」 というコラムを書いたとおり、この方向に賛成で...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 2日 (月)

自殺のない社会へ

澤田康幸・上田路子・松林哲也著『自殺のない社会へ』(有斐閣)の書評が、9月1日の毎日新聞の書評欄に掲載されました。毎日新聞社の許可のもと、ブログにアップさせて頂きます。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月22日 (月)

私たちはなぜ税金を納めるのか: 租税の経済思想史 (新潮選書)

7月21日の毎日新聞に諸富徹著『私たちはなぜ税金を納めるのか』の書評が掲載されました。毎日新聞社からの許可を頂いていますので、ブログに掲載させて頂きます。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月16日 (火)

これから研究を始める高校生と指導教員のために

「これから研究を始める高校生と指導教員のために」酒井聡樹著は、高校生だけではなく大学院生にも十分に役に立つ。ポスター発表に関する細かいノウハウは、是非、大学院生にマスターしてもらいたい。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月24日 (月)

指からわかる男の能力と病

竹内久美子さんの新著『指からわかる男の能力と病』に、私たちの大相撲の力士に関する研究が詳細に紹介されました。 平石界さんによる紹介もお読み頂ければ幸いです。 指と科学とお相撲と(1)、その(2)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月18日 (火)

よく知っているものを選ぶかどうかは遺伝で決まっている?

日経センターのネットコラムに「よく知っているものを選ぶかどうかは遺伝で決まっている?」がアップされました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医療現場と行動経済学

8月21日(水), 18:00〜19:30, 大阪大学中之島センターで、「医療現場と行動経済学」というシンポジウムを開催します。医師で小説家の久坂部羊先生の講演を予定しております。 申し込みはこちらから。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月20日 (月)

決められない患者たち

5月19日の毎日新聞朝刊に『決められない患者たち』の書評を書きました。(記事のブログへのアップは、毎日新聞社から了承を頂いています) 同じ著者の『医者は現場でどう考えるか』もお薦めです。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 9日 (木)

善意で貧困はなくせるのか?―― 貧乏人の行動経済学

毎日新聞に「善意で貧困はなくせるのか?」の 書評を書きました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

為末大さんとの対談

科学未来館の企画展「波瀾万丈!おかね道」のイベントで、為末大さんとトークショーをしました。その時の映像がYoutubeにアップされました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月20日 (水)

いい文章には型がある

吉岡友治さんの『いい文章には型がある』で『経済学的思考のセンス』の文章の構造を解説していただきました。吉岡さんの本、なかなか勉強になりました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

波乱万丈!おかね道

科学未来館の企画展「波乱万丈!おかね道」のポスターです。 3月9日〜6月24日の開催です。行動経済学の実験を体験できます。 是非、ご覧になってください。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月14日 (木)

体罰の有効性の錯覚は「平均への回帰」が理由

日経センターのネットコラムに「体罰の有効性の錯覚は「平均への回帰」が理由」がアップされました。カーネマンの『ファスト&スロー』17章をもとに議論しています。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月31日 (月)

日経 経済図書ベスト10

日経新聞の「エコノミストが選ぶ経済図書ベスト10」のベスト経済書に、大内さんと川口さんの「法と経済学で読みとく雇用の世界」が選出されました。12月30日の新聞では、私の推薦コメントも掲載されています。この本も強く推薦しましたが、実は私が一押しにしていたのは、猪木武徳先生の「経済学...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年の本ブログベストセラー

2012年の本ブログのベストセラーです。

皆様、ありがとうございました。
今年はあまりブログの更新ができなかったのが残念です。
行動経済学の本が多いこと、
仲野先生の本がランキング入りしていること、
「脳の中の経済学」が入ったことが、
特徴でしょうか。
来年は、もう少し多くの本を紹介したいです。
                                                                               
順位 書名
1 効率と公平を問う
2 この世で一番おもしろいミクロ経済学――誰もが「合理的な人間」になれるかもしれない16講
3 人はお金だけでは動かない―経済学で学ぶビジネスと人生
4 経済は感情で動く――   はじめての行動経済学
5 自滅する選択―先延ばしで後悔しないための新しい経済学
5 なかのとおるの生命科学者の伝記を読む
7 脳の中の経済学   (ディスカヴァー携書)
8 脳を教育する
8 吹雪物語   (講談社文芸文庫)
8 幸福の計算式 結婚初年度の「幸福」の値段は2500万円!?
11 図解   よくわかる行動経済学―「不合理行動」とのつきあい方
11 行動経済学   経済は「感情」で動いている (光文社新書)
11 行動経済学   (図解雑学)
11 経済学的思考のセンス―お金がない人を助けるには   (中公新書)
11 競争と公平感―市場経済の本当のメリット   (中公新書)
11 医者は現場でどう考えるか
11 ひたすら読むエコノミクス
11 NHKスペシャル   生活保護3兆円の衝撃
11 An   Introduction to Behavioral Economics

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月27日 (木)

脳の中の経済学

大竹文雄・田中沙織・佐倉統の3人の鼎談および対談で神経経済学を紹介する『脳の中の経済学』が刊行されました。サイエンス・アゴラ賞を受賞した鼎談企画を書籍化です。 目次 はじめに 第1部 「経済学×脳神経科学」質問から読み解く「あなたの好み」 ・あなたは、宝くじを買いますか? ・人は...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月13日 (木)

齊藤誠さんの石橋湛山賞受賞

齊藤誠さんが、『原発危機の経済学』で石橋湛山賞を受賞された。『自由思想』の127号に彼の受賞記念講演が掲載されている。同じ号に「齊藤誠先生の人と業績」という私が書いた彼の紹介文も掲載されている。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

阪大の「まちかね祭」で浅田先生、石割先生と鼎談

阪大の学園祭「まちかね祭り」で“はたらく機械と人間-私、仕事しなくてもよくなるの!?-”というテーマで、浅田稔先生と石割隆喜先生と鼎談しました。 映像はこちら。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)

行動経済学 読書案内

行動経済学を勉強するための読書案内をこのブログで書いたことがある。その後、多くの本が出版されたので、新しいものを含めて紹介し直そう。抜けているものがあると思うので随時追加していく予定。 ・最初の一歩   マッテオ・モッテルリーニ著『経済は感情で動く―― はじめての行動経済学』  ...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年8月30日 (木)

人はお金だけでは動かない

Economics 2.0 という本の翻訳書が出版されました。『人はお金だけでは動かない』という日本語のタイトルです。題名からは、行動経済学だけを扱った本のように見えますが、そうではなくて、最近の経済学の動きを、いきいきとジャーナリストが描いたものです。現実の最前線の経済学者が、...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月15日 (金)

レタスを処分する農家の写真の意味 経済脳を鍛える

小学校の社会の教科書、中学校の公民の教科書、高校の政治・経済の教科書などで、「レタスを処分する農家の写真」をみた記憶がある人は多いだろう。でも、あの写真の意味がきちんとわかっている人は意外に少ない。日本経済研究センターのネットコラム「経済脳を鍛える」でこの写真の意味を説明してみま...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 9日 (土)

オイコノミア 「消費税ってどうでしょう」

6月12日と19日に放送予定の「オイコノミア」のテーマは「消費税ってどうでしょう」です。収録は、キッザニアでした。「アクチュール」という雑誌の7月号に、ピースの又吉さんの特集があって、その中で、収録の様子がレポートされています。お読みいただければ、番組がもっと楽しめるかもしれませ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月18日 (金)

経済脳を鍛える 「消費税の逆進性を考える」

日経センターのwebコラム「大竹文雄の経済脳を鍛える」5月の記事掲載です。 テーマは、「消費税の逆進性を考える」

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月20日 (金)

オイコノミア その2

NHKEテレの「オイコノミア」放映始まりました。 私が出演する回を作ってくれているのは、テレビマン・ユニオンの人たちです。 又吉さんとのツーショットがある番組紹介。 先日、5月の放映分の収録をしました。その時の様子を、ウェイトレス役をしてくれた 川村あんなさんがブログで紹介してく...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幸福度についてのインタビュー

日経ビジネスオンラインで、幸福度についてのインタビューが掲載されました。 「絶対指標ではない幸福度、既得権益者を利する恐れも」

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

経済脳を鍛える

日本経済研究センターのホームページで、「経済脳を鍛える」という毎月連載のコラムを掲載することになりました。4月は、「給与明細から税金を考える」です。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 9日 (月)

Japan Labor Review: Unemployment and Its Detrimental Effects

Japan Labor Rview の最新刊がアップされました。特集は、Unemployment and Its Detrimental Effectsです。私も Unemployment and Happiness (pdf)という論文を寄稿しています。 Volume 9, N...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 4日 (水)

オイコノミア

オイコノミアという経済学の番組がNHKのEテレで毎週火曜日の夜11時30分から放送されます。レギュラーは、ピースの又吉さん。経済学者は、一回目と二回目が川口大司さん、3回目、4回目は私、5月の第一週と二週は安藤至大さん、第3週と4週は再度私です。以後も毎月後半の週の2回分は、私が...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月30日 (月)

啓蒙と学問のあいだ: 熊谷尚夫著『現代経済学入門』(日本評論社)

 啓蒙と学問のあいだ              大竹文雄  経済学と聞いて一般の人がイメージするのは、株価の予測だったり、景気予測だったりするのではないだろうか。いわゆる“エコノミスト”というのは、そういうことが期待されている職業だ。オイルショックを中学生のころに経験した私が経済...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

効率と公平を問う

一橋大学の小塩隆士先生から『効率と公平を問う』(日本評論社)をご恵贈頂いた。  経済学でいう効率性とは何か、公平性や所得格差の問題点はどこにあるのか、教育における子どもの貧困の深刻さ、世代間の所得分配の問題について、著者のオリジナルな研究成果を含んだ最新の研究を、一般向けに分かり...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

大阪大学シンポジウム”日本、いまから・ここから…”

大阪大学シンポジウム”日本、いまから・ここから…” 第1部▼ パフォーマンス「アルビレオの観測所-レクイエムから明日へ」(宮沢賢治『銀河鉄道の夜』より) 演出/山口浩章 出演/大阪大学文学研究科演劇学研究室&アートメディア論コース学生 他 第2部▼ 講演「私たちの未来選択」 (出...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪大リーディング大学院の情報 募集要項は2月1日からダウンロード可能に

 大阪大学がオールラウンド型リーディング大学院に採択され、2012年度からプログラムが開始されることは、このブログでもお知らせしたとおりです。  この度、プログラムの準備ホームページが開設されました。今後、情報が発信されていくと思いますので、関心ある学生はチェックしておいてくださ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月16日 (月)

日経・経済教室 「人間のクセ 政策に生かす」

1月16日の日本経済新聞の「経済教室」に「人間のクセ 政策に生かす」という論説を書きました。行動経済学の政策的な応用を中心に最近の研究をいくつか紹介しました。  紹介した論文はつぎのとおりです。 Allcott, Hunt, and Sendhil Mullainathan (2...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月12日 (木)

この世で一番おもしろいミクロ経済学

「この世で一番おもしろいミクロ経済学」は、経済学の入門として、本当によくできていると思う。公民を教えている学校の先生にもおすすめです。

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年12月29日 (木)

2011年のベストセラー

本ブログでの2011年のベストセラーです。 年末の刊行にもかかわらず、仲野先生の本がランクイン。 1 人口負荷社会(日経プレミアシリーズ) 2 さよならニッポン農業(生活人新書321) 2 競争の作法 いかに働き、投資するか (ちくま新書) 4 図解 よくわかる行動経済学―「不合...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「なかのとおるの生命科学者の伝記を読む」を読む