« 「個」の変容と社会の活力 | トップページ | なぜ選ぶたびに後悔するのか »

2005年10月 6日 (木)

村上ファンドの阪神電鉄買収

村上ファンドがタイガースの上場を要求しているそうだ。
ここ数年は阪神タイガースが強くなったので
最近は阪神の経営陣に対する批判は少ない。

しかし、子供の頃からの阪神ファンである私は、
現在の経営陣が選手の年俸をケチって弱い球団にするという
今までの経営方針にいつ戻るかもしれない、と心配している。

長い間タイガースを弱いままにしておいた
経営陣がここ数年強くなって固定ファンが増えたことを
いいことに、短期的利益を最大にするために
選手年俸をケチるという戦略をとるのは十分に
予想できる。

その意味で、村上ファンドという外からの規律付けや
上場による株式市場からの規律付けが
加わる方が、市場を通じてファンが経営方針に
影響を与えることができるので、
今後のタイガースの弱体化を防げるのではないか。

ついでに、プロ野球機構そのものも上場してほしい。
外からの規律付けがないことが、プロ野球の低迷の
原因なのだから。

タイガースやプロ野球機構が上場してくれれば、
株価の変動を使ってプロ野球の経済分析を進めることができる
という経済学者にとってのメリットもある(^_^)。

|

« 「個」の変容と社会の活力 | トップページ | なぜ選ぶたびに後悔するのか »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126445/6279064

この記事へのトラックバック一覧です: 村上ファンドの阪神電鉄買収:

« 「個」の変容と社会の活力 | トップページ | なぜ選ぶたびに後悔するのか »