« 中学生の質問への回答(その4) | トップページ | 週刊ダイヤモンド »

2005年12月17日 (土)

中公新書

「経済学的思考のセンス: お金がない人を助けるには」(中公新書)が発売されました。

夏に原稿を出してからあっという間の半年でした。

明日は、日経に「経済論壇から」が掲載されます。

|

« 中学生の質問への回答(その4) | トップページ | 週刊ダイヤモンド »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

旧担当の小野です。
担当を外れてしまいましたが、できあがった本が書店に並んでいるのを見るとやはりうれしいですね。私が15分程度見張っている(?)あいだに、学生らしき若い男性が1冊お買い上げ。口には出せないので、心のなかで鄭重にお礼を。
そういえば、「週刊ダイヤモンド」で、『日本の不平等』がベスト経済書の第1位に! そのコメントで新書の宣伝をしてくださり、感謝します。ダイヤモンドも、なかなか心が広いものだと感心しました。

投稿: 小野 | 2005年12月19日 (月) 02時06分

小野さん、15分で書店でお買い上げ頂いたお客さんを目撃されたとは、うらやましい。著者としては、そのような現場に居合わせたら思わず声に出してお礼を言ってしまいそうです。私は書店で自分が書いた本を手に取っている人を見かけたことが一度だけあります。でも、その人は少し立ち読みしてから棚に戻されたのですが。

投稿: 大竹 | 2005年12月19日 (月) 08時26分

さっそくコメントありがとうございます。
実は、自分の担当した本が刊行されたときには発売日に必ず書店で張っているのですが、15分というのははじめてです。
橘○先生のときには、立ち読みしながら1時間待ったのですが……。

投稿: 小野 | 2005年12月19日 (月) 11時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126445/7663302

この記事へのトラックバック一覧です: 中公新書:

« 中学生の質問への回答(その4) | トップページ | 週刊ダイヤモンド »