« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月31日 (金)

統計から見た日本の経済格差

統計から見た日本の経済格差」というシンポジウムが行われます。
私も話をさせて頂きます。

プログラムの内容です。

日本学術会議シンポジウム
「統計から見た日本の経済格差」
1 主 催
         日本学術会議経済学委員会
          一橋大学21世紀COE/RESプログラム
          慶應義塾大学経商連携21世紀COEプログラム
2 協 賛 朝日新聞社

3 日 時
     平成18年4月19日(水)13:25-17:10

4 会 場
     日本学術会議講堂

5 プログラム
13:25 ‒ 13:30 開会挨拶
    鈴村興太郎(一橋大学経済研究所教授、日本学術会議会員)

13:30-13:45 シンポジウムの趣旨説明
    樋口美雄(慶応大学商学部教授、日本学術会議会員)

13:45-14:30 基調講演1 格差拡大の真実と是非論
    橘木俊昭(京都大学経済学部教授、日本学術会議会員)

14:30-15:15 基調講演2 所得格差は拡大したのか
    大竹文雄(大阪大学社会経済研究所教授、日本学術会議連携会員)

15:15-15:30 休憩

15:30-17:00 パネル・ディスカッション

    橘木俊昭
    大竹文雄
    高山憲之(一橋大学経済研究所教授、日本学術会議連携会員)
    樋口美雄(モデレーター)

17:00-17:10 閉会挨拶
鈴村興太郎

| | コメント (0) | トラックバック (1)

脳を活かす研究会

脳を活かす研究会」が発足しました。私も発起人の一人になっています。

脳を活かす研究会の発足を記念して一般講演会が4月4、5日に開催されます。
でも、満員になってしまったようです。
                         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公平な報道

東京新聞にインタビュー記事が掲載された。
この記事については、私は非常に不満だ。

教育については、私と橘木先生は同じ意見なのに、
その部分の私の発言はカットされている。

私が話をしたのは、格差拡大はもっと長期的に生じていること、
最近発生したことは若年層の格差拡大であること、
若年層の格差拡大は不況が原因だということだ。
最近になって、格差問題が取り上げられるようになった背景には、
若年の格差問題に加えて、景気回復で資産価格が上昇した
ことがあるのではないか、というのが私の推測だ。

公教育の質の低下の問題は、ここ数年で始まった話ではないし、
税制のフラット化が進められたのは90年代だ。
こうした政策が推し進められたことが現在の状況を作った原因である
というなら理解できる。

対立点を浮き彫りにしたいという記事の作りは分かるが、
意見が対立していない部分について、
片方の意見だけを掲載し、
私がその意見にいかにも反対しているような
印象を読者に与える手法はやめてもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月26日 (日)

日経新聞「経済論壇から」3月

日経新聞に3月の「経済論壇から」が本日(3月26日)掲載されました。

若年層の格差問題についての太田清氏の「エコノミスト」の論説、資本規律との関連から若年層の雇用問題に言及した冨山和彦氏の「論座」の論説を紹介しました。フリーターの正規社員への雇用が困難な理由について池田新介氏の「双曲割引」の議論(エコノミスト)を結びつけてみました。最後に、福井秀夫氏の教育改革に関する「諸君」の論説を紹介しています。

ご一読頂ければ幸いです。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年3月25日 (土)

悪玉論は心地よい

「格差拡大を引き起こしたのは規制緩和だ」とか
「環境問題を引き起こしたのは大企業だ」とか
「お金がすべてだという風潮を広めたのはホリエモンだ」
という議論はわかりやすいし、自分以外のものに
責任を転嫁できるので心地よい。

続きを読む "悪玉論は心地よい"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年3月20日 (月)

若者の所得格差拡大

 格差社会に関する関心が高まっている。実際、「全国消費実態調査」によれば1999年から2004年にかけて30歳未満の所得格差が急拡大した。それまでは、将来の所得格差の大きさを表す消費の格差の拡大は観察されていたが、所得格差としては顕在化していなかった。不況の深刻化が、若年層の所得格差を拡大させた。このような若者の所得格差の状況が「下流社会」という言葉が流行語になった背景にある。

続きを読む "若者の所得格差拡大"

| | コメント (6) | トラックバック (7)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »