« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月25日 (日)

2月の「経済論壇から」

本日の日本経済新聞(2月25日)に「経済論壇から」が掲載されました。今月は格差と長時間労働について議論をまとめています。

ホワイトカラーの労働時間管理は、本当に難しい問題だと思います。ワーカホリックは、飲酒や喫煙といった依存症と比べて、被害が目に見えにくいですし、短期的には生産性も引き上げてしまうわけです。

ワーク・ライフバランスが取れていないと、社会的に生活することが難しい文化であれば、それが歯止めになります。たとえば休日や夜間の買い物ができない、ということであれば、残業ばかりしていては生活できません。ところが「亭主、元気で留守がいい」という言葉がある国では、家庭や社会がワーカホリックの歯止めになるのは難しそうです。

タバコ税や酒税は、価格メカニズムを通じて喫煙や飲酒の依存症を引き下げる効果があります。ワーカホリックの場合に価格メカニズムを使うとすれば、労働時間に対して累進的に企業に課税するか、労働時間に累進的に所得税をかけることですが、労働時間そのものを正しく計測できないので、この方法の実効性は限られます。代替的なものは、勤労所得に累進課税をかけることかもしれません。その意味で累進課税はワーカホリック対策になるかもしれません。ただし、ワーカホリック対策として、時間ではなく、所得を課税対象とすることを正当化するためには、高賃金の人ほどワーカホリックになりやすいということを証明する必要もあります。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年2月23日 (金)

エンジニアのための経済学最適インストール

Tech総研の「エンジニアのための経済学最適インストールFILE.2」にインタヴュー記事が掲載されました。エンジニアの平林純さんから、「「本当の成果主義」ってなんですか?」という質問を受けて答えたものです。

最近、入学試験に私の文章を使いましたという連絡をいくつか受けました。日本大学の平成19年度博士前期課程入学試験で『経済学的思考のセンス』が、東北学院大学法科大学院の後期日程入試で『日本の論点 2007』収録の論文から小論文問題が、広島大学法科大学院2007年度入学試験(一般選抜)で『経済学的思考のセンス』から小論文問題が出題されました。国語の問題で出典文の著者が正解できないことがあると聞いたことがありますが、これなら答えられそうだと思いました。でも、採点者が私の答案に満点をくれるかどうかは、自信ありませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »