« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月10日 (火)

中学校の入試問題

「経済学的思考のセンス」が高槻中学校という大阪の私立中学校の社会の入試問題に使われました。私が小学生向けに話をした内容を書いた部分からの出題でした。中学生や高校生にも読んでもらいたいと思ってこの本を書きましたから、うれしい限りです。出題してくださった高槻中学校の先生、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教育経済学

4月9日は、京都大学で「現代日本の格差と教育」というシンポジウムに参加してきました。玄田有史、山田昌弘、西村和雄、茂木賢三郎の各氏と私の5人の講演が行われ、浅田彰氏の司会でパネルディスカッションをしました。京都大学経済研究所に漢検による教育経済学の寄付研究部門が設立されたのを記念して行われたものです。

教育問題を経済学の手法で分析するというのは、一般の方からみると意外かもしれません。しかし、教育制度のあり方がどのような成果をもたらすのか、特に賃金にどのような影響を与えるのか、というのは重要な経済学の問題です。教育制度が成績に与える影響はどうか、というのも経済学の問題ですし、公的教育費をいくらにすべきかというのも経済学の問題です。教育の問題は情緒的に議論されることが多いですが、データに基づいた教育の研究が必要とされていると思います。この寄付研究部門の設立が、日本における教育経済学の発展のきっかけになってくれることを期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 4日 (水)

変化に耐える

少し前になりますが、「変化に耐える──少子高齢時代の雇用政策・人材戦略」というインタビュー記事が 『時代を解くキーワード・ Insight』に掲載されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪大の吹田キャンパスでは桜が満開です。研究室からの風景です。Sakura

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »