« 教養新書フェア2007 | トップページ | 雇用社会の25の疑問 »

2007年6月25日 (月)

育てられ方が大事

ノルウェーの研究で、兄や姉の方が弟、妹よりもIQが高いということが明らかにされたそうだ。

同チームは、ノルウェーの男子が18~19歳で受ける徴兵検査での知能テストを利用。85~04年に記録された24万人分の結果をIQに換算し、生まれた順番や親の学歴、出生時の体重などとの関係を統計的に調べた。

 この結果、第1子のIQは平均で103.2、第2子は101.2、第3子は100.0だった。一方、第2子でも幼少期に兄や姉を亡くしている子は102.9に、第3子でも上の2人を亡くしている子は102.6に上昇していた。 (Asahi.com 2007.6.25)

ということだ。経済学者としての驚きは、24万人のデータを使っていること。この種の研究は、北欧で急速に進んでいる。

|

« 教養新書フェア2007 | トップページ | 雇用社会の25の疑問 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今回の内容、大変興味深く拝読いたしました。経済学的な関連といたしましては、次のような研究テーマが考えられるかと思います。すなわち、兄・姉と弟・妹とで、キャリアパスに違いがあるのかということです。

具体的な仮説としては、兄・姉のほうが、経営者になりやすいのか(経営者になるためには「リーダーシップ」が必要と考えられる)、さらには、経営者という集団を考えたときに、中小企業の経営者のほうが、より兄・姉の割合が高いのか否か、といったことを探るのは、興味深く、重要で、かつ、やりやすい課題設定かと思われます。

投稿: mshigemitsu | 2007年6月26日 (火) 02時05分

また、「日本的な」話題としては、いわゆる「ニート」には、弟・妹の割合がどれだけかということを探るのも、興味深いでしょう。

投稿: mshigemitsu | 2007年6月26日 (火) 02時07分

この研究の要約が、以下で日本語で読むことができます。

http://www.sciencemag.jp/highlights/20070622.html

投稿: mshigemitsu | 2007年6月26日 (火) 02時25分

この話題は、サイエンス・コミュニティでは、先週末から話題のようで、例えば、NYTの記事もあります。

http://www.nytimes.com/2007/06/22/science/22sibling.html?ex=1340424000&en=4a88fd856fae1269&ei=5124&partner=permalink&exprod=permalink

最後から2段落目に、ノーベル賞受賞者をとってみると、兄・妹の研究というのは、「often by advancing current understanding, rather than overturning it」とあり、上述のキャリアパスの問題と合わせると、興味深いです。

私が述べました、「経営者」への応用ですが、家族・同族企業ですと、長男(長女も?)バイアスがあるかと思います。そのようなバイアスがあるにもかかわらず、次男・三男で、経営を継いだ人間の資質とは何なのか? 彼の資質と家族内関係に関して、何らかの統計的知見を見つけることができるかもしれません。

投稿: mshigemitsu | 2007年6月26日 (火) 03時02分

「育てられ方が大事」で検索して、大竹さんのブログにたどり着きました。
経済的な専門知識は何も無い者ですが、子どもの幼児教育について研究しています。

兄・姉は「経営者」になりやすいか?と言う仮説
もし、そうだとするなら、一体どんな資質が関わってくるのか非常に興味深く拝見しました。

ところで、何故私が「育てられ方」を検索したかと申しますと「育てられ方とがんの発症率」は関係しているのでは?と思ったからです。

幼児教育をしておりますと幼児をお育てのお母様の「性格」が子どもに多大な影響を与えていることを感じます。
お母様がポジティブですとお子様も明るく素直です。それに比べてお母様がネガティブな物の捉え方ですとお子様は、素直さに欠けたり、自分を守る嘘をついたり、嫉妬深くなったり…と非常にマイナス要素が強い性格になりがちです。

そのような性格ですと物事が上手くいきにくいことが多く、結果、心や身体を病んでしまいます。しかも病んでしまっても自分で軌道修正する改善能力や前向きな姿勢を持ち合わせていません。 

ただ、事例も少ないですし、検証もしていませんから何の根拠も無い話なのですが(笑)

「経営者」を作るには、まず「ヒトづくり」
という事で幼児教育は国づくりの根幹だと思っています。(笑)
もっと言うなら幼児教育の前に「母親・父親教育」に力を入れてもらいたいものです。

タイトルからはなれ、しかも漠然とした内容で申し訳ございませんでした。 

投稿: ひとみ | 2007年11月15日 (木) 13時33分

母親は明るいし妹2人も明るい性格です。父親は無口なほうかな…私は父親に似たのかな…私は三姉妹の長女です。人見知りあり無口で引っ込み思案で育ってきました。今37才です。好奇心旺盛で遣ってみたい行ってみたいと思えば挑戦したいけど…37才だし自分で考え挑戦すればイイと思うけど…何処に行くのか。何をするのか。親に伝えなきゃ行動しちゃいけないのです。私は友達いない彼氏もいない独身で無職です。夢・目標あるのでバイトくらいしたいのに何年も悩んでるうちに両親とも病気になり…今は通院し薬を飲みながら何とか普通に生活してますが

投稿: 名無し | 2009年11月24日 (火) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126445/15553613

この記事へのトラックバック一覧です: 育てられ方が大事:

« 教養新書フェア2007 | トップページ | 雇用社会の25の疑問 »