« フリーマン教授 | トップページ | 労働法学における「暗黙の前提」 »

2008年1月14日 (月)

脳の特性から経済を解明

本日の日経新聞・経済教室に「脳の特性から経済を解明」というタイトルで、最近の脳科学と経済学の学際研究をいくつか紹介しました。日経ネットPLUSでは、この論説に対して、岡野進(大和総研資本市場調査本部本部長) 、後藤康雄(三菱総合研究所主席研究員・チーフエコノミスト) 、山田久(日本総合研究所調査部ビジネス戦略研究センター所長) 、鈴木明彦(三菱UFJリサーチ&コンサルティング主席研究員)、猿山純夫(日本経済研究センター主任研究員) の 各氏からコメントをいただきました。ありがとうございました。言及した元の論文も紹介しまています。

|

« フリーマン教授 | トップページ | 労働法学における「暗黙の前提」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126445/17690346

この記事へのトラックバック一覧です: 脳の特性から経済を解明:

« フリーマン教授 | トップページ | 労働法学における「暗黙の前提」 »