« 中毒財への課税に関するエッセイ | トップページ | ラジオに出ます »

2008年3月30日 (日)

労働経済学の新しいテキスト

自然実験、差の差推定、サンプル・セレクションバイアスといった概念や手法を知らないと、最近の実証研究を理解することはできない。ところが、学部レベルの教科書でこうした手法の意味を丁寧に解説したものが見当たらなかった。大森義明氏の『労働経済学』は、実証研究では普通に用いられるようになった手法の考え方を丁寧に解説しながら労働経済学を紹介している教科書だ。実証分析を志す学部生はもちろん、計量経済学や実証分析の最先端の論文を読み進めるまえに大学院生が読んでおくべき本だ。労働経済学というテーマにかかわらず、現代的な実証分析に共通の考え方を学べる。労働経済学というよりも「実証分析の作法」という感じの本だ。

|

« 中毒財への課税に関するエッセイ | トップページ | ラジオに出ます »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

大森先生の『労働経済学』の編集を担当した者です。ご高評ありがとうございました。厚かましいお願いですが、Amazon のカスタマーレビューなどでも紹介していただけると、みなさんにより周知できるのでは、と思います。これからもどうぞよろしくお願いします。

投稿: tokita-y | 2008年4月 1日 (火) 11時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126445/40694376

この記事へのトラックバック一覧です: 労働経済学の新しいテキスト:

» 【計量経済学】の口コミ情報を探しているなら [人気のキーワードからまとめてサーチ!]
計量経済学 に関する口コミ情報を探していますか?最新の検索結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報をお届けしています… [続きを読む]

受信: 2008年4月 7日 (月) 22時00分

« 中毒財への課税に関するエッセイ | トップページ | ラジオに出ます »