« 週刊東洋経済 5月31日号 | トップページ | 「格差と希望」が出版されます »

2008年5月26日 (月)

ジェンダー経済格差

男女間格差の経済分析を10年以上続けてきた同志社大学教授の川口章氏が、『ジェンダー経済格差』を出版した。目次と概要は、ここ

序 章 ジェンダー経済格差とは何か:課題と分析方法 
第1章 ジェンダー経済格差は男女の適性の違いから生じるのか
第2章 なぜ企業は女性を差別するのか[]
第3章 なぜ企業は女性を差別するのか[]
第4章 現実は理論を支持しているのか 
第5章 ジェンダー経済格差を生み出すメカニズムは何か
第6章 なぜ日本の雇用制度のもとでは女性が活躍しにくいのか
第7章 結婚や出産によって賃金はどう変わるのか
第8章 男女が働きやすい職場とは
;第9章 革新的企業では女性が活躍しているのか
終 章 ワーク・ライフ・バランス社会実現をめざして

1章には、男女格差の原因として生物学的な議論も紹介されている。しかし、川口氏は、現実の日本の格差は、それで説明できるようなオーダーではないことから、それ以降の経済学的な理論分析、実証分析に進んでいく。どの章も非常に興味深いが、特に注目すべきなのは、第9章ではないだろうか。コーポレートガバナンスと女性の活躍の関連が実証的に分析されている。株主によるガバナンスは、労働者の敵のように思わることが多い。しかし、この章の分析によれば、株主のガバナンスが効いて、経営改革に取り組んでいるいる会社ほど、女性が活躍していることが示されている。こうした企業を後押しするためには、ワーク・ライフ・バランスの実態に関する情報公開を義務付けることが有効だという政策提言がされている。女性労働者は、株主ガバナンスによる資本の論理を歓迎すべきなのかもしれない。

|

« 週刊東洋経済 5月31日号 | トップページ | 「格差と希望」が出版されます »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

「ワーク・ライフ・バランス」とか「CSR」は「評判」によって達成される問題と思っていましたが「資本の論理」が働いているとは興味深いですね。是非購読したいです。

投稿: fuji | 2008年5月26日 (月) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126445/41325034

この記事へのトラックバック一覧です: ジェンダー経済格差:

« 週刊東洋経済 5月31日号 | トップページ | 「格差と希望」が出版されます »