« 日本学士院賞授賞式 | トップページ | 飢饉の長期的影響 »

2008年6月25日 (水)

「格差と希望」本日発売

Kakusatokibo0031 『格差と希望: 誰が損をしているか?』が本日発売されます。

格差と希望 誰が損をしているか?』 大竹文雄
筑摩書房 (ISBN:978-4-480-86383-6)
発売日 2008年06月25日 価格  1,890円(税込)

年金問題、ロストジェネレーション、企業不祥事など、この国の重大事を取り上げ、処方箋を示す。不公平な仕組みを放置させないための、明快な時代診断の書。

目次
はしがき
第1章    資本の論理を問う
       「若者二極化」の弊害―意欲を再生する政策を    
        Column1  新規学卒偏重のデメリット
       「資本の論理」を問う―法制度の整備が急務
          Column2  解雇規制強化の皮肉な結果
        社会に広がる「不安感」―経済学的な思考法必要
          Column3  現在・将来の意思決定と脳科学
        改革阻む既得権の壁―弊害が多い「一律カット」
          Column4  もはや、「低所得者=貧困者」ではない
        戦後システムに変化の兆し―主体的判断が重要に
          Column5 軽い負担、重い負担館
       「二分法」の落とし穴―改革目的、再確認を
         Column6  市場競争とセーフティネット
第2章  リスクと不安
       M&Aの背後に景気回復―ビジョン明確化、奏功
        Column7 プロ野球機構を株式化せよ
       少子化社会の虚実を問う―大国幻想との決別を
           Column8 年金未納は若者の逆襲
       予見困難な改革リスク―専門家の育成が焦点に
          Column9  「災害保険税」を創設せよ
       偏った情報化が不安増幅―冷静な対応を
          Column10  ウィキノミクスで経済政策
      「格差社会」をめぐり論争―市場原理の賢い利用を
          Column11  想定問答・格差社会
       若年層の格差問題をめぐって―打開の道は教育改革に
          Column12  「待ち組」は反省すべき?
第3章  社会の中のグレーゾーン
       「格差」批判と既得権の維持―論争の吟味が課題
          Column13  格差解消に既得権者ができること
       政府の大きさを考える―国家像の議論が必要
          Column14   矛盾
       社会の中のグレーゾーン
          Column15   上限金利問題を考える
       「回復感」乏しい景気回復―今から将来の準備を
          Column16   悪玉論は心地よい
       「小さな政府」と満足度―支出の中身が重要に
          Column17   教育の充実こそ、格差対策の本流
       「働く貧困層」という問題の本質―教育訓練が急務に
          Column18   男女差別解消の思わぬ結果
第4章  格差社会の行方
       「美しい国」を支える経済学―家計も知識武装を
          Column19   経済学は役に立つか
       「平時」こそセーフティネットの構築を―相次ぐ改革の提起
          Column20   地域格差をどう考えるか
       問題と対峙、脱パターンで―感情を排し、本質に迫る
          Column21   人事も経理も中国へ
       少子化時代の「教育改革」―世代間の連帯が重要に
          Column22   脳科学と経済学が教える格差対策
       「雇用の質」と格差問題―冷静な議論が必要に
          Column23   長時間労働を解決するには
       格差に影落とす「国際化」―地道な対策の実行を
          Column24   成長・格差論争の共通の罠
       格差論議―日米に隔たり
       米で深まる最低賃金論争
あとがき

|

« 日本学士院賞授賞式 | トップページ | 飢饉の長期的影響 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126445/41643175

この記事へのトラックバック一覧です: 「格差と希望」本日発売:

» 診断は成った。問題は治療法だ - 書評 - 格差と希望 誰が損をしているか? [404 Blog Not Found]
著者より献本御礼。 格差と希望 誰が損をしているか? 大竹文雄 まずはグッドニュース。日本の格差問題に関する、決定的な診断書である。 続いてバッドニュース。この「病気」、進行ガンなみにやっかいだ。... [続きを読む]

受信: 2008年7月 7日 (月) 18時05分

» [Books]格差と希望/大竹文雄著 [起業ポルノ]
格差と希望―誰が損をしているか? 作者: 大竹文雄 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2008/06 メディア: 単行本 本書は、著者が経済誌や新聞で連載した内容を再編したスタイルになっている。具体的には、日経新聞の「経済論壇から」が中心となっていて、次いで週間東洋経済... [続きを読む]

受信: 2008年7月15日 (火) 01時59分

« 日本学士院賞授賞式 | トップページ | 飢饉の長期的影響 »