« 自信過剰論文のポスター | トップページ | 橘木先生VS爆笑問題 »

2008年6月 3日 (火)

クオリティ・エデュケーション

国際教育学会(会長 西村和雄教授)から『クオリティ・エデュケーション』という雑誌が創刊されました。
創刊号の目次です。学会員になれば、論文をダウンロードできます(年額3,500円)。
この号には、私も寄稿させて頂きました。

Vol.1 March, 2008 
特集:再チャレンジ可能な社会の条件-社会と教育の格差構造-

                     
■学歴社会の再構築と人材の流動化
                        -再チャレンジ可能な知識社会への見取り図-
                        大森不二雄

■ゆとり教育政策による格差拡大効果と企業による雇用可能性
                          浦坂純子, 西村和雄, 平田純一, 八木匡

■項目反応理論による英語能力推移に関する研究の比較
                        熊谷龍一

■高齢化・所得格差・教育問題
                        大竹文雄

■学校における職業教育の経済効果
                        玄田有史, 佐藤香, 永井暁子

■選別主義と格差
                        太田肇

■教員評価制度によって「現場は混乱している」のか?
                        -教育改革の社会学・試論:教育改革から教育政策へ-
                        諸田裕子

■格差を拡げる入試制度はどのように始まったのか?
                        -日本におけるオープンアドミション・システムの淵源-
                        木村拓也

|

« 自信過剰論文のポスター | トップページ | 橘木先生VS爆笑問題 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126445/41412453

この記事へのトラックバック一覧です: クオリティ・エデュケーション:

» 知識社会の到来 [年収アップのための勉強術]
我々の収入も知識をどのように活かすかにスポットが当てられるようになったようですね [続きを読む]

受信: 2008年6月19日 (木) 19時40分

« 自信過剰論文のポスター | トップページ | 橘木先生VS爆笑問題 »