« 橘木先生VS爆笑問題 | トップページ | やっぱり離婚も金銭的インセンティブに反応する »

2008年6月 6日 (金)

タクシー接待

 財務省、国土交通省、金融庁、農水省などの国家公務員が、深夜にタクシーに乗った際に、ビールや清涼飲料水、おつまみ等を受け取っていたことが、「タクシー接待」として問題にされている。確かに、褒められた話ではない。でも、この話と、接待による利益供与の話は、似ているようで少し違うのではないだろうか。接待や賄賂を受け取って、競争入札にせずに、随意契約で高い価格で発注すると、公費を無駄にすることになり、国民に迷惑を与える。

 では、タクシー接待の場合は、国民はどのような損害を被っているのだろう。もし、国家公務員が、タクシー接待を受けることを目的に、深夜まで残業していたのなら、残業代とタクシー代の両方で、国民は被害を受けたことになる。

 しかし、深夜まで残業することが、避けられない状況であれば、税金で賄われるタクシー代そのものは、国家公務員がタクシー接待を受けても受けなくても変わらない。運転手間の競争が、タクシー料金の値下げ競争にならず、ビールや清涼飲料水の提供という形で行われたのである。つまり、規制によってタクシー料金が値下げできないから、タクシーの運転手が実質的な値下げ競争を行ったのだ。タクシー料金がその分値下げされていたなら、国民負担は減ったはずだ。根本的な問題は、タクシーの料金規制にある。

 昔、銀行の預金金利が規制されていたころ、預金すると銀行は様々な景品をくれたものだ。価格規制が歪んだサービス競争をもたらしているのであれば、そこを正すことを考えるべきではないか。「タクシー接待」を禁止したところで、私たち国民が得をするのだろうか。

 問題の本質は、深夜まで働いてタクシーで帰らなければならない国家公務員の仕事環境そのものであり、タクシー業界の価格規制ではないだろうか。もちろん、深夜まで働く必要がないのにタクシーで帰るために残っているというのであれば、問題とされていい。批判の論点を明確にしないと、不毛な議論になる。

(追記) 遠距離割引の仕組みは地域によって異なる。大阪のタクシーは、5000円を超えると5割引き、東京のタクシーは9000円を超えると1割引きとなっている。もし、東京のタクシーが大阪並みの長距離割引をしていたならこういう問題は生じなかったのではないか。

|

« 橘木先生VS爆笑問題 | トップページ | やっぱり離婚も金銭的インセンティブに反応する »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

問題の本質とは離れますが、キックバックが国に戻らず公務員個人の懐に収まるのだから国民としては損をしているように思うのですが。

投稿: fuji | 2008年6月 7日 (土) 00時27分

大竹先生のご指摘、よくわかります。ただ一点、この問題それ自体がまずいというよりも、公金から支出されたタクシー券から(ビールぐらいならともかく)金券の提供を受けてしまって何も感じないというのは、他のより大きな業務における職務の公正との関係で、大変な問題だと思います。(職務の公正は小さなところから蝕まれていき、やがて大きな腐敗に繋がっていきます。大きな不祥事が起きる組織で調査を行うと、あらゆる意味で職務規律が弛緩しているのが通例です)

公金から結果としてキックバックを受けて何も感じないというのは悪しき日本の慣行であり、キックバックを受けて何も感じないその感覚が職務の公正を阻み、日本に公正な市場が成立しない遠因の一つにすらなっている、という点は意識する必要があろうかと思います。

投稿: 法 | 2008年6月 7日 (土) 03時21分

いつも思うのですが、こういう接待・利益供与を受けた公務員などは脱税として摘発されないのでしょうか? 摘発されるという現実が積み重なれば、こういう事例はおのずと減るのではないでしょうか。それとも税務署・国税局も同類なのでしょうかね。

投稿: 通行人 | 2008年6月16日 (月) 10時48分

大竹先生はタクシーチケットを利用されたことはありませんか?
チケットを利用した時は、利用日と乗車地・降車地を記入して運転手に渡すことになっています。
ところが、問題になっている公務員は、何も記入せずに運転手にチケットを渡すのです。
運転手は受け取った白紙のチケットに勝手に記入して実際の運賃よりはるかに高い金額の運賃を役所に請求するのです。
だから、タクシー会社や運転手は、お客に金品を渡しても十分にもうかるのです。
白紙のチケットを運転手に渡す公務員も、架空の高額運賃を請求するタクシーも、よくチェックせずに支払う公務員も、全員、犯罪者です。

投稿: gon | 2008年6月16日 (月) 17時19分

道徳至上主義者が道徳を駄目にしている気がします。
タクシーの価格規制に問題があるという意見に賛成。

投稿: 琉波尚志 | 2008年6月21日 (土) 04時15分

大竹先生

>規制によってタクシー料金が値下げできないから、タクシーの運転手が実質的な値下げ競争を行ったのだ。

上記の説明は非常に説得的で、興味深かったです。

一点だけ、ふと疑問に思うことがありました。それは、規制がなくても、こうした状況は起こりうるのではないか、という疑問でした。

タクシー運転手が、顧客によるタクシーチケット利用を予見した場合、すなわち、顧客は自腹ではないので料金の高低に反応するインセンティブを持たないということを予見した場合、タクシー運転手は料金以外の部分(例えば、顧客への直接の物品提供等)で他のタクシーより優位に立とうとするインセンティブを持つのではないか、と思ったのです。言い換えると、規制なしの状態でも、いわゆる居酒屋タクシーという状況が発生したのではなかろうか、と思うのです。

こうした可能性についてはどのように考えればよいのでしょうか。的外れな疑問でしたら申し訳ありません。

投稿: kj | 2008年7月 7日 (月) 01時20分

先生のご指摘、真っ当至極だと思います。
笑顔でお客様を迎える、上客なら飲み物の一つも提供する。
決してやましいサービスではないし、たまたま相手が公務員だったからといって、
世間から袋叩きに逢うのは納得できません。

公務員を叩くのは何であろうと善である、
という風潮の行き過ぎが生んだ不幸な事件だと思います。

投稿: | 2008年8月22日 (金) 07時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126445/41445481

この記事へのトラックバック一覧です: タクシー接待:

» 官僚 タクシー接待 [チョッと休憩]
徹底調査を全府省に要請へ=タクシー接待問題-公務員倫理審査会時事通信深夜帰宅中の財務省職員らがタクシー運転手からビールや金券などの提供を受けていた問題で、国家公務員倫理... [続きを読む]

受信: 2008年6月 7日 (土) 02時01分

» 接待タクシー 財務省ほか502名金品受領 [王様の耳はロバの耳]
接待タクシー、財務省383人金品受領(朝日新聞) - goo ニュース 数日前から「居酒屋タクシー」なんて言葉が活字になりその心は「深夜タクシーに乗るとつまみや缶ビールが出る」タクシーの事らしかった。 でもそれが何? {/hiyoko_cloud/} 昨日昼TVニュースを見ていると民主党の長沼氏の照会に対し「財務省他中央官庁の官僚が金品を受け取っていた事実を政府が明らかにした」 この結果を受けて福田総理が(おや何時日本にお帰りだったのだろうと思ったが)「公務員は国民から疑惑を抱かれる様な事をしてい... [続きを読む]

受信: 2008年6月 7日 (土) 10時59分

» 痛い話 [NAGISA TAXI Cruisin']
接待タクシー:霞が関「居酒屋タクシー」 上客を抱え込み バブル後に常態化 [続きを読む]

受信: 2008年6月 9日 (月) 04時07分

» 接待の時の悩み [R'eve  夢を忘れるな]
接待で飲みに行った時の私の一番の悩みは 「お客さんを返すタイミング」です そんな事??って思うかもしれませんが、これがなかなか 途中で自分から「そろそろ帰るよ」って言ってくれる人は良いのですが・・・ 皆なかなか帰らない 先日、接待に行った時....... [続きを読む]

受信: 2008年6月12日 (木) 19時43分

» 大竹文雄のブログ: タクシー接待 [alm-ore]
大竹文雄のブログ: タクシー接待 ・・・深夜まで残業することが、避けられない状況であれば、税金で賄われるタクシー代そのものは、国家公務員がタクシー接待を受けても受けなくても変わらない。運転手間の競争が、タクシー料金の値下げ競争にならず、ビールや清涼飲料水の提供という形で行われたのである。つまり、規制によってタクシー料金が値下げできないから、タクシーの運転手が実質的な値下げ競争を行ったのだ。タクシー...... [続きを読む]

受信: 2008年6月16日 (月) 21時47分

« 橘木先生VS爆笑問題 | トップページ | やっぱり離婚も金銭的インセンティブに反応する »