« 構造変化と日本経済 | トップページ | 小飼弾さんの書評 »

2008年7月 3日 (木)

経済教育シンポジウム「明日の経済教育を考える」

経済教育のあり方を考えるシンポジウムを開催します。
 経済教育では、子どもたちが、私たちの社会の仕組みを知り、そして、そのあり方について考 える力を身につけていく教育を目指したいものです。シンポジウム第1部では、ともすれば金銭教育や自分の利益を最大にする方法だけを教えるという、間違っ た印象をもたれている経済教育のあり方について、各界を代表する識者に、経済教育でできることを掘り下げていただきます。第2部では、小学校、中学校、高 等学校の教育現場での問題点とこれからの展開について、教室での教育、教育行政、経済教育研究、企業の立場から幅広く議論していただきます。
 多くの方の参加をお待ちしております。

■日時
2008年7月5日(土) 13時00分~17時10分
(受付開始 12時30分)

■場所
日本大学経済学部7号館講堂
〒101-8360 東京都千代田区三崎町1-3-2
●JR総武・中央線「水道橋」駅東出口より南へ徒歩2分
●都営三田線「水道橋」駅A2出口より南へ徒歩3分
●都営新宿線・都営三田線・東京メトロ半蔵門線「神保町」駅A4出口より北へ徒歩5分
アクセス http://www.eco.nihon-u.ac.jp/accessmap/

■参加費
無料

■定員
200名

■講演
竹中平蔵(慶応義塾大学グローバルセキュリティ研究所所長、
       元経済財政担当大臣、金融大臣、総務大臣)
岩田一政(内閣府社会経済総合研究所所長、前日本銀行副総裁)

■対象
教員(小学校、中学校、高等学校)
経済教育諸団体関係者
経済教育に興味をお持ちの方

■主催
経済教育ネットワーク
協賛:(財)日本経済教育センター

■お問合せ先
日本大学経済学部加藤研究室
電話・FAX 03-3219-3361
メール k-kato@eco.nihon-u.ac.jp

>>参加申し込み

【プログラム】

経済教育シンポジウム「明日の経済教育を考える」
2008年7月5日(土) 日本大学経済学部7号館講堂

12:30~ 受付

13:00~13:10 開会挨拶
          篠原総一(経済教育ネットワーク代表)
          小梛治宣(日本大学経済学部長)

13:10~13:40 基調講演 竹中平蔵(慶応義塾大学グローバルセキュリティ研究所所長)
          「経済学の社会教育」

13:40~15:00 シンポジウム1 「経済教育の可能性:経済学と経済教育」
          モデレータ・篠原総一(同志社大学経済学部)
          竹中平蔵(慶応義塾大学グローバルセキュリティ研究所)
          大竹文雄(大阪大学社会経済研究所)
          岩田年浩(関西大学総合情報学部、経済教育学会代表幹事)

15:20~15:50 基調講演  岩田一政(内閣府経済社会総合研究所 所長)
          「経済教育について」

15:50~17:10 シンポジウム2 「中学・高校における経済教育が克服すべきもの」
          モデレータ・猪瀬武則(弘前大学教育学部)
          岩田一政(内閣府社会経済総合研究所所長、前日本銀行副総裁)
          大杉昭英(岐阜大学教育学部、前文部科学省視学官)
          奥田修一郎(大阪狭山市立南中学校)
          大崎貞和(野村総合研究所研究創発センター主席研究員)

17:10~17:20 閉会挨拶
          大竹文雄(経済教育ネットワーク副代表)

17:40~ レセプション
      日本大学経済学部7号館14階
      参加費 3,000円(当日会場にて徴収させていただきます)

|

« 構造変化と日本経済 | トップページ | 小飼弾さんの書評 »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126445/41721303

この記事へのトラックバック一覧です: 経済教育シンポジウム「明日の経済教育を考える」:

« 構造変化と日本経済 | トップページ | 小飼弾さんの書評 »