« マイクロファイナンスのフォーラム | トップページ | 流行語大賞 »

2008年11月26日 (水)

第3回応用計量経済学コンファランスの優秀論文賞

第3回応用計量経済学コンファランスの開催と優秀論文賞

2008年11月22日と23日の二日間、ホテル阪急エキスポパークで、第3回応用量経済学コンファランスが、大阪大学グローバルCOE「人間行動と社会経済のダイナミクス」の主催で行われました。

このコンファランスは、日本の実証研究の振興を目的に、大学院生および特任研究員レベルの若手実証研究者に論文を報告してもらい、討論を行うものです。本年度は、報告論文を公募し、多数の応募論文から8つの論文が採択され、報告されました。産業組織、労働、金融、財政、住宅、経済発展と分野は多岐にわたり ましたが、いずれも優れた論文で、活発な討議が行われました。なかでも優秀な論文だった、次の3つの論文に対し、プログラム委員会は優秀論文賞を授与することに決定いたしました。講評は、こちらをご覧ください。

第3回応用系計量経済学コンファランス優秀論文賞(アルファベット順)

  • 庄司匡宏(東京大学)"Does Contingent Repayment in Microfinance Help the Poor During Natural Disasters?"
  • 高橋陽子(日本学術振興会)「労働組合は全力を尽くしているか?」
  • Eric Weese (MIT) "Political mergers as a coalition formation game: Evidence from the Heisei municipal mergers,"

|

« マイクロファイナンスのフォーラム | トップページ | 流行語大賞 »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126445/43231882

この記事へのトラックバック一覧です: 第3回応用計量経済学コンファランスの優秀論文賞:

« マイクロファイナンスのフォーラム | トップページ | 流行語大賞 »