« たばこ税増税見送り | トップページ | ソウルフルな経済学 »

2008年12月13日 (土)

賃上げ要求

12月13日の日経によれば、トヨタ労組が賃上げ要求をするそうだ。確かに、物価上昇とこれまでのトヨタの好業績を考えれば、労組としては当然の要求だろう。それに、労働者全体の所得を引き上げ、景気に好影響を与える可能性もある。ただ、派遣や期間工の雇い止めが注目浴びている業界なので、非正規社員は雇い止めして、正社員は賃上げ、というのはどうなのか。非正社員は、正社員以上に十分に好業績の恩恵を受けてきたということなら問題ないかもしれない。本当のところはどうなのだろう。労働組合が労働者を代表するのであれば、そうした説明が求められるのではないか。

|

« たばこ税増税見送り | トップページ | ソウルフルな経済学 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126445/43407809

この記事へのトラックバック一覧です: 賃上げ要求:

» [経済・社会]春闘と今後の日本経済の行方 [ラスカルの備忘録]
 例年、年末から年明けに、次年度の春闘に向けた方針が労使双方から示される。今回の春闘は、ある意味、重要な経過点にある。というのは、年明け早々にも実施される見込みの総選挙において、民主党がかなり勢力を伸ばすことが見込まれており、その結果、連合の発言力は大き... [続きを読む]

受信: 2008年12月14日 (日) 15時47分

« たばこ税増税見送り | トップページ | ソウルフルな経済学 »