« WEDGE論説の解雇規制に関する説明 | トップページ | 日本の社会保障の未来 »

2009年1月28日 (水)

どうする雇用

日経新聞社の主催で、2月6日(金)14:00~16:00に、東京の日経ホールで、「どうする雇用」というテーマでシンポジウムが行われます。連合会長の高木剛さん(連合事務局長の古賀 伸明さんに変更されました) 、日本商工会議所の岡村正さんと私がパネリストで、日本経済新聞の岡部直明さんが司会です。
参加は無料ですが、申込が必要です。申込は、ここからで、締切は1月30日です。

パネル討論「どうする雇用」
2月6日(金)14:00~16:00
東京:日経ホール(日経新聞社8階)
パネリスト:

古賀 伸明  連合事務局長
大竹 文雄    大阪大学教授
岡村   正     日本商工会議所会頭
司会:
岡部 直明    日本経済新聞社 専務執行役員 主幹

|

« WEDGE論説の解雇規制に関する説明 | トップページ | 日本の社会保障の未来 »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126445/43881304

この記事へのトラックバック一覧です: どうする雇用:

« WEDGE論説の解雇規制に関する説明 | トップページ | 日本の社会保障の未来 »