« 「金融危機から経済危機へ-景気の行方と政策対応」公開討論会 | トップページ | 最低賃金・派遣・ワークシェアリング »

2009年1月17日 (土)

リーディングス 格差を考える

リーディングス 格差を考える」という本が、伊藤元重先生の編集で出版されました。

目次
序 章 格差論争を理解するために
第1章 所得格差
第2章 雇用格差
第3章 若年の格差
第4章 教育格差
第5章 地域間格差
第6章 米国における格差問題
第7章 貧困への対策
第8章 所得再分配政策
終 章 グローバル経済と格差問題

私がフォーサイトに書いた論説が、第一章の所得格差のところに掲載されています。
井上裕行、ディビット・オーター、太田聰一、太田清、佐藤俊樹、リチャード・カッツ、松繁寿和、苅谷剛彦、尾村洋介、藻谷浩介、ロナルド・ドーア、駒村康平、川口大司、森信茂樹、岩本康志、伊藤元重の各氏の論説がまとめられています。

少し前に、「日経・経済教室セレクション」というのも出ています。この本にも私の経済教室の論説が掲載されています。
目次です。

まえがき
I章 金融危機の本質とは?
II章 成長を止めるな
III章 人口減時代の新地平を探る
IV章 ニッポン企業の明日を読む
V章 「資源制約」の時代を生きる
VI章 改革・制度を問う
VII章 格差問題を考える

|

« 「金融危機から経済危機へ-景気の行方と政策対応」公開討論会 | トップページ | 最低賃金・派遣・ワークシェアリング »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126445/43767303

この記事へのトラックバック一覧です: リーディングス 格差を考える:

« 「金融危機から経済危機へ-景気の行方と政策対応」公開討論会 | トップページ | 最低賃金・派遣・ワークシェアリング »