« だまされないための年金・医療・介護入門 | トップページ | 独学という道もある »

2009年2月 9日 (月)

この世ででいちばん大事な「カネ」の話

ヤバい社会学」は、アメリカの貧困層の実態を研究者がなかに入って生き生きと描いたものだ。そういう世界を知らなかった著者が事実を知るたびに衝撃を受けてきた様子がよくわかる。これに対して、「この世で一番大事な「カネ」の話」は、その貧困の世界で育ってきた著者が、実態はこうだと率直に語っている。いかに貧困と貧困の連鎖が深刻であるか、ということを当事者であるからこそ、はっきりと書くことができる。また、労働経済学で補償賃金格差とよばれる仕事の給料の関係についても、体験的でわかりやすい言葉で説明されている。経済学を勉強している人、しようと思っている人は、まずこの本を読むことが大事ではないだろうか。

|

« だまされないための年金・医療・介護入門 | トップページ | 独学という道もある »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126445/44006191

この記事へのトラックバック一覧です: この世ででいちばん大事な「カネ」の話:

« だまされないための年金・医療・介護入門 | トップページ | 独学という道もある »