« 行動経済学フォーラムで勝間和代氏の講演とパネル | トップページ | Economics 2.0 »

2009年5月 4日 (月)

不況の真因、「需要」にあり 日経・経済教室5月4日

5月4日の日経新聞の経済教室に、「不況の真因、「需要」にあり」という論説が掲載されました。不況を正面から扱う現代的なマクロ経済学の理論を紹介しています。具体的には、小野善康教授、アカロフ・シラー両教授、ファーマー教授の3つの理論です。ご一読頂ければ幸いです。日経ネットPlus(会員登録(無料)が必要)では、文献を紹介していますし、永浜利広(第一生命経済研究所主席エコノミスト)、山田久(日本総合研究所調査部ビジネス戦略研究センター所長)、後藤康雄(三菱総合研究所主席研究員・チーフエコノミスト)の各氏からコメントを頂いています。

|

« 行動経済学フォーラムで勝間和代氏の講演とパネル | トップページ | Economics 2.0 »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126445/44890887

この記事へのトラックバック一覧です: 不況の真因、「需要」にあり 日経・経済教室5月4日:

» 報告書 [報告書]
社内や社外などで問題が起きたときに書くことが多いのが 報告書 ですが、この「問題が起きたとき」というのが、仕事で一番重要なときでもあります。 [続きを読む]

受信: 2009年5月 4日 (月) 14時38分

« 行動経済学フォーラムで勝間和代氏の講演とパネル | トップページ | Economics 2.0 »