« 祝日の増加を実感しない理由 | トップページ | 日本経済学会 ポスターセッション »

2009年6月 3日 (水)

中公新書の森-2000点のヴィリジアン

中公新書の発行点数が2000点を超えたのを記念して、中央公論新社が「中公新書の森-2000点のヴィリジアン」という無料の小冊子を刊行した。

この中に、中公新書の中のお薦め本のアンケートがあって、私も3冊の本を推薦させていただいた。その際、高校生や大学生のころに読んだ思い出深い本にするか、自分の専門分野での推薦にするか、ずいぶん悩んで、結局後者にした。アンケートの結果をみると、前者のパターンで答えた人の方が多かったように思う。

私の推薦は、梶井厚志著『戦略的思考の技術』、小野善康著『不況のメカニズム』、堂目卓生著『アダム・スミス』の3冊。私の推薦文が梶井さんの本の帯に使われているようだ。

|

« 祝日の増加を実感しない理由 | トップページ | 日本経済学会 ポスターセッション »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126445/45221668

この記事へのトラックバック一覧です: 中公新書の森-2000点のヴィリジアン:

« 祝日の増加を実感しない理由 | トップページ | 日本経済学会 ポスターセッション »