« 文化・価値観と経済の関係 | トップページ | 大内伸哉さんのブログ »

2009年9月13日 (日)

半歩遅れの読書術 第2回

9月13日の日経新聞、読書欄「半歩遅れの読書術」に「知人の紹介で学ぶ 「最大化」がもたらす不幸」というエッセイを書きました。今回は、バリー・シュワルツ著『なぜ選ぶたびに後悔するのか』とダニエル・ギルバート著『幸せはいつもちょっと先にある』を紹介しました。

|

« 文化・価値観と経済の関係 | トップページ | 大内伸哉さんのブログ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126445/46196877

この記事へのトラックバック一覧です: 半歩遅れの読書術 第2回:

« 文化・価値観と経済の関係 | トップページ | 大内伸哉さんのブログ »