« 鬼頭先生、松橋先生との鼎談 | トップページ | 日本経済学会75周年 »

2009年10月 1日 (木)

経済学の基礎としての人間研究:学史的考察

10月10日、11日に専修大学で開催される日本経済学会秋季大会で「経済学の基礎としての人間研究:学史的考察」というパネル討論をします。基調講演は堂目さん、討論者は、猪木さん、松井さん、齊藤さんと私です。

パネル討論I: 経済学の基礎としての人間研究:学史的考察

基調講演 大阪大学 堂目卓生
討論者
  国際日本文化研究センター 猪木武徳(モダレーター)
  東京大学 松井彰彦
  大阪大学 大竹文雄
  一橋大学 齊藤誠

|

« 鬼頭先生、松橋先生との鼎談 | トップページ | 日本経済学会75周年 »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126445/46360555

この記事へのトラックバック一覧です: 経済学の基礎としての人間研究:学史的考察:

« 鬼頭先生、松橋先生との鼎談 | トップページ | 日本経済学会75周年 »