« 行動経済学の本質 | トップページ | Davis教授の雇用対策の提言 »

2009年10月13日 (火)

出社が楽しい経済学 2

NHKの人気シリーズ「出社が楽しい経済学」の第2シリーズの放送がNHK総合テレビで10月8日(木)(夜11時~)から始まった。今回のラインアップは、次の通り。

第1回 ロックイン
第2回 コミットメント
第3回 ヴェブレン効果
第4回 心の会計
第5回 スクリーニング
第6回 勝者の呪い
第7回 レントシーキング
第8回 規模の経済性

いずれも、大学の授業では応用編として教えられるものが多い。
経済学の最初の需要と供給しか習わなくて、経済学が嫌いになった人も多いと思うが、
その先には、こんな面白い議論が待っている。テレビをみれば、応用編の面白さを先に学ぶことができる。テレビを見る時間がない人には、内容を解説したが便利だ。第一回のシリーズの本DVDもお薦め。

|

« 行動経済学の本質 | トップページ | Davis教授の雇用対策の提言 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126445/46476498

この記事へのトラックバック一覧です: 出社が楽しい経済学 2:

« 行動経済学の本質 | トップページ | Davis教授の雇用対策の提言 »