« 日経・経済図書文化賞 | トップページ | 日本学術会議の提言 »

2009年11月 3日 (火)

男おひとりさま道

 先日、東大の社会学教室で、男女の競争選好の違いに関する研究をセミナーで報告させて頂いた。私たちが行っている経済実験の結果から、競争への好みや自信過剰の性差が、男女間の昇進格差の原因になっているとすれば、アファーマティヴアクションのように競争を和らげるか、女性がより競争好きになるような教育や文化が必要になるのでは、という説明をした。
 すると、上野千鶴子先生から「昇進競争ではなく出来高払い中心の社会にするという方向もある」という趣旨のご意見とともに御新著の「男おひとりさま道」を頂いた。この本には、現役時代に競争やパワーゲームに明け暮れた男たちが、定年後、居場所を失ってしまう話が説得的に書いてある。昇進格差の男女差という会社員時代のジェンダー格差は、引退後まで視野に入れると逆転してしまうのかもしれない。生涯に渡る幸福度のジェンダー格差を考える必要があるのだろう。それに、職場によっては、「競争好き」が悪影響しかもたらさないこともあるのは事実だろう。

|

« 日経・経済図書文化賞 | トップページ | 日本学術会議の提言 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126445/46662293

この記事へのトラックバック一覧です: 男おひとりさま道:

« 日経・経済図書文化賞 | トップページ | 日本学術会議の提言 »