« 就学前教育の投資効果から見た幼児教育の意義 | トップページ | Twitter »

2009年12月26日 (土)

2009年ベストセラー

2009年の本ブログでのベストセラーです。こうやってみると上位の二つのように、他のブログであまり紹介されていない本が人気になるようです。拙著を買ってくださった方もいらっしゃたようで、ありがとうございました。2008年のベストセラーとは、ずいぶん変わりました。

順位   書名
1    Economics 2.0: What the Best Minds in Economics Can Teach You About Business and Life

2    Mostly Harmless Econometrics: An Empiricist's Companion

3    だまされないための年金・医療・介護入門―社会保障改革の正しい見方・考え方

4    この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ) (よりみちパン!セ)

5    職場の法律は小説より奇なり (セオリーBOOKS)

6    ソウルフルな経済学―格闘する最新経済学が1冊でわかる

7    出社が楽しい経済学

8    独学という道もある (ちくまプリマー新書)

9    格差社会の衝撃―不健康な格差社会を健康にする法 (社会科学の冒険2)

10    大貧困社会 (角川SSC新書)

11    格差と希望―誰が損をしているか?

12    ヤバい社会学

13    ミクロ経済学 2 (プログレッシブ経済学シリーズ)

14    リーディングス格差を考える

15    予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」

16    経済学的思考のセンス―お金がない人を助けるには (中公新書)

17    労働市場改革の経済学

18    理系のための口頭発表術 (ブルーバックス)

19    貧困を救うのは、社会保障改革か、ベーシック・インカムか

20    ミクロ経済学〈1〉市場の失敗と政府の失敗への対策 (プログレッシブ経済学シリーズ)

|

« 就学前教育の投資効果から見た幼児教育の意義 | トップページ | Twitter »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126445/47119929

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年ベストセラー:

« 就学前教育の投資効果から見た幼児教育の意義 | トップページ | Twitter »