« 派遣労働者の生活と求職行動アンケート | トップページ | セロトニン不足だと失敗を繰り返す »

2009年12月16日 (水)

一番仕事ができない人が出世する(ピーターの法則)

Stumbling and Mumbling紹介されている論文が面白い。仕事でができない人が、一番昇進する意欲が高く、仕事ができる人はそのポジションで無理に昇進しなくても満足度が高いから、結果的に一番仕事ができない人が昇進するということだ。周りをみて、心当たりのある人は多いのではないか。

追記) 伊藤さんからコメントで教えて頂いた記事の元論文、

The Peter principle revisited: a computational study , A. Pluchino, A. Rapisarda, C. Garofalo, Physica A 389 (2010) 467 doi:10.1016/j.physa.2009.09.045

この論文を紹介した記事のリスト

|

« 派遣労働者の生活と求職行動アンケート | トップページ | セロトニン不足だと失敗を繰り返す »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

NYTimes Magazineで紹介されている事例がおもしろいですよ.ランダムに昇進させる方がかえってパフォーマンスを上げるという話.

http://www.nytimes.com/projects/magazine/ideas/2009/#social_science-12

投稿: hitoh | 2009年12月16日 (水) 11時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126445/47034778

この記事へのトラックバック一覧です: 一番仕事ができない人が出世する(ピーターの法則):

« 派遣労働者の生活と求職行動アンケート | トップページ | セロトニン不足だと失敗を繰り返す »