« セロトニン不足だと失敗を繰り返す | トップページ | 2009年ベストセラー »

2009年12月21日 (月)

就学前教育の投資効果から見た幼児教育の意義

ベネッセが研究者むけに出していた「BERD」という雑誌があります。
2009年3月で刊行終了になりましたが、その号で私は就学前教育の投資効果に
ついてインタビューを受けています。

就学前教育の投資効果から見た幼児教育の意義
就学前教育が貧困の連鎖を断つ鍵となる

まじめなインタビューなのに、写真はそうでもないように見えるのが残念。

|

« セロトニン不足だと失敗を繰り返す | トップページ | 2009年ベストセラー »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126445/47075152

この記事へのトラックバック一覧です: 就学前教育の投資効果から見た幼児教育の意義:

» [雑記]お前はもう負けている [ミックのブログ 〜君につけ届け〜]
 大竹文雄氏のブログから。  ノーベル賞受賞者でもあるシカゴ大学の経済学者ジェームズ・ヘックマンが、子供の就学時点でついた学力差が、その後の人生における経済格差にも直結するという研究を発表しました。この研究は、1960年代にアメリカで行われたペリー就学計画の... [続きを読む]

受信: 2009年12月23日 (水) 00時38分

« セロトニン不足だと失敗を繰り返す | トップページ | 2009年ベストセラー »