« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月27日 (水)

分子生物学会年会 男女共同参画WS報告書

2009年12月に開催された分子生物学会での「男女共同参画ワークショップの報告書が、分子生物学会HPに掲載されました。私の講演内容も掲載されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親の失業と子供の健康

『日本労働研究雑誌』 2010年特別号(No.595)に、小原美紀さんとの共著論文「親の失業が新生児の健康状態に与える影響」が掲載されました。この論文と関連ある「子どもの教育成果の決定要因」(pdf)『日本労働研究雑誌』 もお読み頂ければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知識を知恵に変える能力

若手にチャンスを与えるような企業や社会の仕組みを意図的に作る必要

十分な基礎訓練の上に実際に仕事をしながら学ぶことが、人が育つ一番いい方法だ。ところが、人口の高齢化で、日本の社会はどこでもベテランばかりになってきた。そういう環境の中では、若手は補助的な仕事をすることが多くなり、彼らが権限をもって責任ある仕事をするチャンスそのものが減ってきている。短期的には、ベテラン自らが仕事をした方が効率的だ。しかし、若手から育つ機会を奪うことのツケは大きい。ベテランの活力は次第に衰えるし、新しい環境への対応も難しくなる。技術の発達で、仕事の中で私たちヒトに求められる能力は、ITではできないものに変わってきている。知識を知恵に変える能力はその一つである。若手にチャンスを与えるような企業や社会の仕組みを意図的に作って、彼らの能力を高め、最大限生かせるようにする必要がある。(『日本経済新聞』2010年1月14日掲載コメント)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年1月18日 (月)

日経経済教室

1月18日の日経新聞の「経済教室」に「税の表示法、消費を左右」という論説が掲載されました。行動経済学への財政学への応用を紹介しています。この記事の参考文献や補足説明は、日経ネットPlus(登録無料)で読むことができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月14日 (木)

美男美女の経済学

勝間和代さんがTwitterで紹介されたので、美男美女の経済学に関する文献を紹介。

日本語での紹介は、

大竹文雄著『経済学的思考のセンス』(中公新書)

の中にあります。

日本における美男美女の賃金効果に関する実証研究は、安井健悟さんのものだけだと思います。彼の研究は、

大竹文雄編『こんなに使える経済学』(ちくま新書)

の中に「美男美女への賃金優遇は不合理か」というタイトルで入っています。

この本についてのブログでの紹介はここ

美男美女の経済分析をはじめたHamermesh教授の研究は、彼のホームページに
まとめられています。

Hemermesh教授の美男美女に関する論文のホームページ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

Twitter

こっそりと始めていたが、フォローしている方が1900人を超えたので、もはやこっそりではなくなってしまった。ブログにも表示してみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »