« 日経経済教室 | トップページ | 親の失業と子供の健康 »

2010年1月27日 (水)

知識を知恵に変える能力

若手にチャンスを与えるような企業や社会の仕組みを意図的に作る必要

十分な基礎訓練の上に実際に仕事をしながら学ぶことが、人が育つ一番いい方法だ。ところが、人口の高齢化で、日本の社会はどこでもベテランばかりになってきた。そういう環境の中では、若手は補助的な仕事をすることが多くなり、彼らが権限をもって責任ある仕事をするチャンスそのものが減ってきている。短期的には、ベテラン自らが仕事をした方が効率的だ。しかし、若手から育つ機会を奪うことのツケは大きい。ベテランの活力は次第に衰えるし、新しい環境への対応も難しくなる。技術の発達で、仕事の中で私たちヒトに求められる能力は、ITではできないものに変わってきている。知識を知恵に変える能力はその一つである。若手にチャンスを与えるような企業や社会の仕組みを意図的に作って、彼らの能力を高め、最大限生かせるようにする必要がある。(『日本経済新聞』2010年1月14日掲載コメント)

|

« 日経経済教室 | トップページ | 親の失業と子供の健康 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

若手にチャンスを与える…その必要性には同意します。

が、ベテランがその実現を目指すための「しくみ」を考えなければなりません。必要性を訴えるだけでは無理だと思うのです。

投稿: 北区の品格 | 2010年1月27日 (水) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126445/47401928

この記事へのトラックバック一覧です: 知識を知恵に変える能力:

« 日経経済教室 | トップページ | 親の失業と子供の健康 »