« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月30日 (火)

「競争と公平感」への感想・コメント

「競争と公平感」へのtwitter上でのコメントをTogetterにまとめてみました。

ブログでもとりあげて頂きました。ありがとうございます。(最新更新 2010.4.16)

競争忌避=協調忌避 - 書評 - 競争と公平感 (404 Blog Not Found)

YAKINIKU (王様の耳はロバの耳の穴)

優しく穏やかな記述の裏に隠された (29Lib 分館)

[経済]日本人はなぜ市場競争が嫌いな (ポケヲタおやじの日記)

大竹文雄『競争と公平感: 市場経済の本当 (alm-ore)

競争と公平感―市場経済の本当のメリット (中公新書)/大竹 文雄 (Curiosity Diary

大竹文雄『競争 と公平感』(中公新書) 8点 (山下ゆの新書ランキング Blogスタイル)

『全大学でキャリア教育』読売新聞H22. (教材研究 高校 政治経済 現代社会 高校生からのマクロ)

市場も国も信用していない日本 (進化する魂)

what is happiness to you?: 競争と公平感 大竹文雄 中公新書 (http://vanilla-house.blogspot.com/

ド ライチ!!: 経済学者が教科書を批判することについて (http://dorafuto1i.net/

大竹文雄『競争と公平感』を読みました (しょうじの能力向上計画 ~革新的国家公務員)

[BOOKS]「競争」が好きな人たち (黄金抵触 : Memorandums for Myself)

“新しい”経済の教科書 を読んで経済理論も齧ってみたくなった人に捧ぐリーディングリスト20選 (http://echosympathy.blog3.fc2.com/)

人々はなぜ平等を求めるのか - 『競争と公平感アゴラ

競 争と公平感 (mark-wada blog)

阿 QのBook Review: 大竹文雄「競争と公平感」を読む

競争と公平感 (One of 泡沫書評ブログ)

競 争と公平感-市場経済の本当のメリット/ (熊式。)

競争と公平感 (Le Moulin de Longchamp

Masahiro Kaminaga's Weblog: 競争と公平感

大竹文雄『競争と公平感』を読む( (アモーレ労働法)

大竹文雄「競争と公平感-市場経済の (千早振る日々)

故後藤田正晴氏が警告した“政治主導の落とし穴”にはまった民主党 (辻広雅文プリズム+one

ク リオの実験室: 金融リテラシー外伝

Kiankou books review 競争と公平感―市場経済の本当のメリット

saoriotsuka-news&diary: 仕事紹介&雑記マラソン その1

大竹文雄『競争と公平感-市場経済の本当 (本・時事・ロードバイク)

競 争と公平感 市場経済の本当のメリット』 (小林一茶風日記)

競争と公平感 (都市経済学者の夜)

競争と公平感 (音楽映 画煙草のブログ)

日本人は市場競争が大嫌い!?『競争 と公平感』 | キャリワカ:本 ...

読書]大竹文雄『競争と公平感 市場経済の (組織人事コンサルタントの情報帳)

競争と公平感-市場経済の本当のメリット (資料保管庫・管理人のひとりごと)

競争と公平感」 大竹文雄 中央公論新社 (from KOBE)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月28日 (日)

「ジャパン」はなぜ負けるのか

「ジャパン」はなぜ負けるのか」スポーツ経済学で実績のあるシマンスキー教授とジャーナリストのクーパー氏による経済学によるサッカーの分析。一般向けでサッカーファンや日本のプロ・サッカーの運営に関係している人に読んで頂きたい。

【目次】
1.ダッシュボードのついた車で走れ-サッカーの新しい真実を探して
2.「ジャパン」はなぜ負けるのか(日本語版への書き下ろ し)

Part1 クラブ
3.紳士はブロンドがお好き-移籍市場で過ちを犯さない方法
4.世界最悪のビジネス-なぜサッカーク ラブは儲からない(儲けるべきではない)のか
5.古い差別、新しい差別-イングランドサッカーと黒人
6.PKは本当に理不尽なのか-ゲー ム理論で読み解く「最も不公平なルール」
7.都市とトロフィーの微妙な関係-民主国家の首都のクラブはなぜヨーロッパ王者になれなかったか

Part2 ファン
8.世界でいちばんサッカーが好きな国
9.サッカーファンは本当に「熱い」のか-ひとつのクラブに忠誠を誓う「フィーバー・ ピッチ」型ファンの神話
10.あるファンの遺書-ひいきチームが負けたときファンは飛び降り自殺をするのか
11.ワールドカップのしあわ せ-世界中が大会を招致したがる理由

Part3 代表
12.イングランドもなぜ負けるのか
13.「親指トム杯」は誰のもの- 世界で最も優れたサッカー小国ランキング
14.コアから周縁へ-グローバルサッカーの未来地図    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月19日 (金)

アマゾンからも予約可に

競争と公平感」アマゾンからも予約可になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

脳の迷信 藤田一郎先生の講演

藤田一郎先生の講演ビデオ(ニセ科学フォーラム2009 (2009/11/23) より)

脳の迷信 1 of 6

脳の迷信 2 of 6

脳の迷信 3 of 6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

競争と公平感

3月25日発売です。定価780円+税=819円。挿絵は大塚砂織さんです。

「競争と公平感-市場経済の本当のメリット」(中公新書 2045)

                   大竹 文雄著
目次

プロローグ 人生と競争
I 競争嫌いの日本人
 1 市場経済にも国の役割にも期待しない?
 2 勤勉さよりも運やコネ?
 3 男と女、競争好きはどちら?
    コラム1 薬指が長いと証券トレーダーに向いている?
 4 男の非正規
 5 政策の効果を知る方法
 6 市場経済のメリットは何か?

II 公平だと感じるのはどんな時ですか?
 1 「小さく産んで大きく育てる」は間違い?
 2 脳の仕組みと経済格差
 3 20分食べるのを我慢できたらもう一個
 4 夏休みの宿題はもうすませた?
    コラム2 わかっているけど、やめられない
 5 天国や地獄を信じる人が多いと経済は成長する?
 6 格差を気にする国民と気にしない国民
 7 何をもって「貧困」とするか?
 8 「モノよりお金」が不況の原因
 9 有権者が高齢化すると困ること

III 働きやすさを考える
 1 正社員と非正規社員
 2 増えた祝日の功罪
 3 長時間労働の何が問題か?
    コラム3 看護師の賃金と患者の死亡率
 4 最低賃金引き上げは所得格差を縮小するか?
 5 外国人労働者受け入れは日本人労働者の賃金を引き下げるか?
 6 目立つ税金と目立たない税金

エピローグ 経済学って役に立つの?
競争とルール あとがきにかえて

ブログ・twitterでの紹介は、「競争と公平感」への感想・コメントにまとめました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »