« 競争と公平感へのコメント (その2) | トップページ | ダイヤモンドオンラインのインタビュー(後半) »

2010年5月11日 (火)

ビブリオバトルで紹介されました

ビブリオバトルという書評合戦をご存じだろうか。

ルールは次のとおり

1.自らが適当と思う書籍を一冊以上読んでくる。この本は、本人が選んでも誰かが推薦してもよい。

2.まず、4人程度のプレゼンターが5分で読んだ本についてプレゼンを行う

3.その後に、3分で全員でざっくばらんに議論を行い、プレゼンに基づきながら、各本の価値を吟味する.

4.最後に多数決で「どの本が一番読んでみたくなったか?」の軸で今週のチャンプ本を決 定する。

ビブリオバトルを大阪大学で行っているのはサイエンスルーという学生サークルだ。

4月に行われたビブリオバトルで、「競争と公平感」も紹介された(これが言いたかった)。

その時の様子は、ここに紹介されている。紹介してくれた山根さんに感謝。

|

« 競争と公平感へのコメント (その2) | トップページ | ダイヤモンドオンラインのインタビュー(後半) »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126445/48333885

この記事へのトラックバック一覧です: ビブリオバトルで紹介されました:

« 競争と公平感へのコメント (その2) | トップページ | ダイヤモンドオンラインのインタビュー(後半) »