« 競争の作法 | トップページ | 日本の幸福度-格差・労働・家族 »

2010年6月22日 (火)

さよならニッポン農業

サントリー学芸賞を受賞した『日本の食と農』の著者である神門善久氏の新著『さよならニッポン農業』は、農業分野に競争メカニズムを導入する正しい方法を分かりやすく提示してくれる。著者のメッセージは明快である。「農業に長けた者に農地が集積する」という状態を競争メカニズムによってつくるべきであるというものだ。そのためには、まず「検地」をしっかりして、農地としての利用についてのきちんと規制をした上で、より高い小作料や地価を支払えるものが「農地」を利用する仕組みにするのだ。

なんだ、単なる規制緩和と同じではないか、という人は、よく読み直してほしい。農地として利用することについては、きちんと規制をした上で、もっとも効率的に農業ができる人を、支払い可能小作料あるいは地価で判断するというものだ。土地利用の方法まで規制緩和してしまうと、転用目的で農業にやる気のない人が農地を非効率に利用してしまうのだ。この本を読めば、現在の農地の利用が非効率で、農家に農業をまじめにやる気を起こさせない制度になっているのかがよくわかる。著者は、この制度改革によって日本の農業は、「食のアキハバラ」として、国際化時代にも生き残っていけると考えている。質の高い農産物と食文化は、音楽やアニメ、ゲームの中心地であるアキハバラのように、国際競争の中で生きていける、と判断ししている。

著者が提案する方法は、農業に留まらず、様々な他の分野にも応用可能だろう。駅前の商店街がシャッター通りとなっているのは、駅前という優れた立地を商業にやる気のあるものが使わず、シャッター付きの住宅として使うことが許されているから発生していると理解することもできる。駅前という極めて公共性の高い土地については、その土地の価値を最大限に使えるものが使うように競争的仕組みをいれれば解決する。現実には齊藤誠氏が「競争の作法」で指摘しているように、低い固定資産税で効率が低い利用のされ方でも所有を続けることができるようになっている。都市部の病院や保育所が足りない状況を打開するためには、土地利用規制をして特定の場所に病院や保育所しか利用できない規制をした上で、もっとも高い家賃や地価を支払えるものが病院や保育所を運営するようにしていけば、公立病院や公立保育所の非効率性は回避できるかもしれない。

日本の農業の現状についての著者の正確な知識をもとにした農業制度への様々な提言は、他の分野の政策にも使えそうなアイデアの宝庫でもある。

日本の農業をどうすれば強くできるか、という観点から本来農業政策を考える必要があるのに、農家の票をどうすればとることができるかという観点で、各政党の公約が作られている。このような状況では、日本の農業そのものが死に絶えていくのを待つだけである。強い農業にするために、菅政権は神門氏のアイデアを真剣に検討してみてはどうだろうか。

|

« 競争の作法 | トップページ | 日本の幸福度-格差・労働・家族 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126445/48695365

この記事へのトラックバック一覧です: さよならニッポン農業:

» さよならニッポン農業: 大竹文雄のブログ [oryzaの環境備忘録]
さよならニッポン農業: 大竹文雄のブログ [続きを読む]

受信: 2010年6月22日 (火) 23時39分

« 競争の作法 | トップページ | 日本の幸福度-格差・労働・家族 »