« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月28日 (火)

よくわかる行動経済学

上智大学の川西諭さんは、経済学の初心者に対して痒いところに手が届くように教えてくれる本を書くのが得意だ。『ゲーム理論の思考法』はゲーム理論の入門書として秀逸のものだ。『経済学で使う微分入門』も大学で経済学を学び始めた人がぶつかるちょっとした壁を越えられるように懇切丁寧に書かれている。川西さんが今度書いてくれたのは『よくわかる行動経済学』。文字通りよく分かるように書かれていて、行動経済学を理解するだけではなく、実務で役に立つような工夫が随所になされている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月27日 (月)

2010年のベストセラー


2010年の本ブログでのベストセラーです。今年は、トップに私の本がきました。ありがとうございました。
2009年のベストセラーは、こちら


順位 書名
1 競争と公平感
2 その科学が成功を決める
3 頭のでき―決めるのは遺伝か、環境か
3 競争の作法 いかに働き、投資するか
5 未来思考 10年先を読む「統計力」
6 さよならニッポン農業(生活人新書321)
7 経済学的思考のセンス―お金がない人を助けるには (中公新書)
8 脳ブームの迷信
8 行動経済学―感情に揺れる経済心理 (中公新書)
10 その数学が戦略を決める (文春文庫)
11 週刊 ダイヤモンド 2010年 2/20号 [雑誌]
11 これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
13 こんなに使える経済学―肥満から出世まで (ちくま新書)
14 日本の幸福度  格差・労働・家族
14 ランズバーグ先生の型破りな知恵
14 「ジャパン」はなぜ負けるのか─経済学が解明するサッカーの不条理
17 人間に格はない―石川経夫と2000年代の労働市場
18 職場の法律は小説より奇なり (THEORY BOOKS)
18 若年者就業の経済学

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい帯

競争と公平感」に「週刊ダイヤモンド」ベスト経済書のことを書いた新しい帯がつけられた。


017_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月26日 (日)

日経「経済図書ベスト10」

12月26日(日)の日経新聞に、「エコノミストが選ぶ経済図書ベスト10」が掲載されました。1位に選ばれたのは齊藤誠さんの『競争の作法』、2位はサンデル教授の『これから「正義」の話をしよう』、そして3位は『競争と公平感』でした。5位には、太田聰一さんの『若年者就業の経済学』が入っています。拙著をご推薦くださった皆様、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

人事評価の総合科学―努力と能力と行動の評価

神戸大学の高橋潔さんから『人事評価の総合科学』という本をご恵贈頂きました。さっと目を通させていただきましたが、実務にも研究にも役立つ優れた本だという印象を持ちました。
 本は、3部構成で、最初の2部は、「人事評価の考え方」、「人的資源の評価要素」というテーマでまとめられています。この部分を読めば、現在の人事評価制度の仕組みや運用方法の概要を理解できます。第3部は「人事評価の実証研究」というテーマで、高橋さんご自身の実証研究の成果がまとめられています。一般にも面白く、この時期にあったテーマとして、19章の「人事評価信頼性の頂点」はお薦めです。オリンピックのフィギュアスケートの採点データから、採点の信頼性や妥当性を統計的に分析しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

研究テーマの将来予測は難しい

『日本労働研究雑誌』創刊600号記念号に書かせて頂いたエッセイがwebにアップされました。「今後重要だと考える労働研究のテーマ」で原稿を書いてほしいと編集委員会から依頼されたのに、600号記念号にふさわしくない「研究テーマの将来予測は難しい」という変なタイトルのエッセイを書いてしまいました。研究テーマの将来予測というよりも、私を育ててくれた労働研究の環境と私自身が行き当たりばったりで研究テーマを選んできた様子を紹介しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月14日 (火)

寄付金を原資とした大阪大学の学部入学者への新しい奨学金

大阪大学は、頂いたご寄付をもとに、入学試験(前期試験)の成績が特によく、一定の所得以下の学部新入生が入学時に必要となる学資の一部を給付する制度を、23年度入学生を対象に始めます。詳細はこちら

原資となるお金は、大阪大学未来基金(大学)に寄付頂いたものです。寄付はクレジットカードでも可能です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月11日 (土)

オアゾ丸善さんの陳列

OAZO丸善さんで、『競争と公平感』を大量に陳列しているという情報を経セミ編集者の方から頂いた。写真をお願いしたら、店員さんの許可を得て撮影していただいた。写真1写真2写真3写真4

経済セミナーも大々的に陳列。 経済セミナー1経済セミナー2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月10日 (金)

週刊ダイヤモンド ベスト経済書

12月13日(月)発売の『週刊ダイヤモンド』で、恒例の年間「ベスト経済書」が発表される。ダイヤモンド社のホームページに中吊り広告が出ているので、それを見ると、『競争と公平感』が、あのサンデル教授の『これから正義の話をしよう』を抑えて第一位になっているではありませんか。ご推薦いただいた経済・経営学者、エコノミストの皆様、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »