« よくわかる行動経済学 | トップページ | 日経に広告 »

2011年1月18日 (火)

個人主義と経済の関係は?

1月17日の日経新聞、経済教室欄に「個人主義と経済の関係は?」という論説を書きました。

ホフステッド教授の個人主義の指標を使って経済成長との関係を明らかにしたゴロニチェンコ教授とローランド教授の論文を紹介しました。また、春野さんの個人主義的な人と向社会的な人の脳活動の差に関する研究も紹介しています。

ホフステッド教授の指標 http://www.geert-hofstede.com/

Gorodnichenko ,Yuriy and Gerard Roland (2010) “Culture, Institutions and the Wealth of Nations,” IZA Discussion Paper No. 5187

上記論文の著者による一般向け解説

Haruno, M. and C. D. Frith (2010). "Activity in the amygdala elicited by unfair divisions predicts social value orientation." Nat Neurosci 13(2): 160-161

|

« よくわかる行動経済学 | トップページ | 日経に広告 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126445/50623065

この記事へのトラックバック一覧です: 個人主義と経済の関係は?:

« よくわかる行動経済学 | トップページ | 日経に広告 »