« 鷲田清一総長、小林傅司教授との鼎談 | トップページ | 就職氷河期の閉塞感は、市場競争に対する支持を失うという意味で非常に大きな問題点をはらんでいる »

2011年7月15日 (金)

真夏の夜の経済学

7月26日(25日の深夜)0:25〜0:50から4夜連続、NHK、Eテレ(教育テレビ)で「真夏の夜の経済学」が放映されます。私は最初の2夜に出演します。テーマは価格。「見える価格」、「見えない価格」というテーマ設定で、経済学の考え方をお話します。相手をしてくれるのは、ラジオパーソナリティの小島慶子さん。後半の2夜は、安田洋祐さんが担当。

私が出演する回を制作してくださるのは、テレビマンユニオンさん。「世界ふしぎ発見」、「情熱大陸」、「美の壺」などを制作されている会社です。

|

« 鷲田清一総長、小林傅司教授との鼎談 | トップページ | 就職氷河期の閉塞感は、市場競争に対する支持を失うという意味で非常に大きな問題点をはらんでいる »

コメント

今観ています。わかりやすいです。

投稿: アン | 2011年7月26日 (火) 00時38分

拝見しました。時間割引率と機会費用の話を世の常識にしたいとずっと思っていますが、名古屋の中小企業の社長は時間割引率はそれほど高くないですが、機会費用を理解せず落ちているお金は全て拾ってしまう感じです。行動原理を探ってみると戦国武将/本田宗一郎/松下幸之助の話ばかりが出てきて、経済学はまず出てきません。残念ですが先生方の今後のお仕事で開眼していただけることを期待しています。

投稿: bun | 2011年7月27日 (水) 00時55分

はじめまして。「真夏の夜の経済学」楽しく拝見いたしました。

放送のなかで年収800万の人が1分40秒かけて100円を拾うことは機会費用的には損であると説明されていましたが、少し違和感を感じました。

年収800万の人の人の1分40秒の価値が139円なのはわかりますが、100円を拾うことで年収が7,999,861円にならない以上100円は拾うべきであると思います。

比べるのあれば拾っている1分40秒の間に逸失する利益。例えば100円を拾うことで商談に遅れることによって失う利益等ではないでしょうか?

単順に時間給等で機会費用を求めてしまうと時給2,000円だから電車で1時間かかるところを1,500円払ってでもタクシーで行ったほうがいいよね。というような間違った考えを持つ人もでてくるように思うのです。

1分40秒の間に得るはずだった利益がいくらなのか、そこが重要だと思うのですが間違っていますでしょうか?

いきなり失礼な書き込みで申し訳ないです。素人なので間違っているとは思いますがどうしてもモヤモヤがとれなかったので確認したく思い書き込みをさせていただきました。

投稿: つせそぺそ | 2011年7月27日 (水) 11時12分

真夏の夜の経済学は再放送されないのですか?ぜひ、教えて下さい。

投稿: ひろせ | 2011年7月27日 (水) 11時42分

つせそぺそさん、コメントありがとうございます。あそこでは、年収800万円の人も秒給で給料をもらっているという仮想的な世界を考えています。実際には、月給であったり、年俸制であったりしますから、この例のとおりになりません。時間を有効利用する考え方の基本はなるはずです。秒単位ではなく、日単位や月単位で時間の使い方を考える際には、実際にあてはまることも多くなります。

投稿: 大竹 | 2011年7月27日 (水) 11時48分

ひろせさん、再放送の予定、私は知りません。NHKオンデマンドでは見ることができます。

投稿: 大竹 | 2011年7月27日 (水) 11時50分

早速の返答ありがとうございます。

前提を理解できていなくて大変失礼いたしましたsweat01
ツイッターフォローさせていただいたので勉強させて頂きます。ありがとうございました。

投稿: つせそぺそ | 2011年7月27日 (水) 14時00分

夏休みに宿題のはなしぜんぜん納得できなかったです。わたしは、宿題は大嫌いで(家で勉強するのはおかしいと思っていた)最後の日にやっていましたが、肥満にもローンにもあてはまらないです。身長174cm63kg、ローンなし、クレジットカードは一括払いで貯金は平均よりかなり上です。なぜでしょう?

投稿: ひろくん | 2011年8月17日 (水) 14時47分

ひろくんさん、コメントありがとうございます。説明不足で、誤解させてすいません。平均的には、そういう傾向があるというだけですので、すべての人がそうだ、という話ではありません。

投稿: 大竹 | 2011年8月17日 (水) 14時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126445/52214377

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の夜の経済学:

« 鷲田清一総長、小林傅司教授との鼎談 | トップページ | 就職氷河期の閉塞感は、市場競争に対する支持を失うという意味で非常に大きな問題点をはらんでいる »