« 就職氷河期の閉塞感は、市場競争に対する支持を失うという意味で非常に大きな問題点をはらんでいる | トップページ | 自民党長期政権の政治経済学 »

2011年11月 3日 (木)

日経経済図書文化賞

2011年の日経経済図書文化賞が発表されました。受賞者のみなさん、おめでとうございます。

◎太田聰一 著
若年者就業の経済学」(日本経済新聞出版社)

◎斉藤淳 著
自民党長期政権の政治経済学―利益誘導政治の自己矛盾」(勁草書房)

◎菅山真次 著
『就社』社会の誕生―ホワイトカラーからブルーカラーへ」 (名古屋大学出版会)

◎小堀聡 著
日本のエネルギー革命―資源小国の近現代」 (名古屋大学出版会)

|

« 就職氷河期の閉塞感は、市場競争に対する支持を失うという意味で非常に大きな問題点をはらんでいる | トップページ | 自民党長期政権の政治経済学 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126445/53151314

この記事へのトラックバック一覧です: 日経経済図書文化賞:

« 就職氷河期の閉塞感は、市場競争に対する支持を失うという意味で非常に大きな問題点をはらんでいる | トップページ | 自民党長期政権の政治経済学 »