« 岡山大学のキャンパス | トップページ | 阪大リーディング大学院 »

2011年12月22日 (木)

大相撲の力士の人差し指と薬指の比率と昇進・成績

 大相撲の力士の人差し指と薬指の長さの比率(2D:4D比)と昇進・成績の関係を分析した私たちの論文が、Evolution and Human Behavior という学術雑誌のオンライン版で掲載されました。

Rie Tamiya, Lee SunYoun and Fumio Ohtake "Second-to-fourth digit ratio and the sporting success of sumo wrestlers," Evolution and Human Behavior, Available online 6 October 2011

2D:4D比は胎児期のテストステロン曝露量と相関していると言われています。スポーツの能力の中には、2D:4D比と相関しているものがあることが今までの研究で明らかにされてきました。私たちは、大相撲の力士の手形を使って、力士の2D:4D比と昇進・成績の関係を統計的に分析しました。その結果、人差し指に比べて、薬指が相対的に長い力士ほど、最高位の階級が高いですし、幕内生涯勝率も高いという統計的な関係があることが分かりました。ただし、2D:4D比で説明できる部分はそれほど大きくありません。平均すれば、そういう傾向があるという意味です。この傾向は、身長、体重、指の長さ等の情報をコントロールしても変わりません。
 力士のデータを使うことのメリットは、主につぎの二つです。第一に、引退した力士だけのデータを使って分析できることです。力士の生涯での最高位や勝率のデータを使えます。現役の力士だけだと、これから昇進していく可能性のある力士とそうでないかを区別することができません。力士の場合は、指の長さの情報が相撲博物館が集めている手形を使えば得られるのが、他のスポーツにない特徴です。第二に、大相撲は明確な順位が定められていますから個人の成績をはっきり捉えることができます。

 一般向けの紹介がScientopiaというサイトで紹介されました。
Look Carefully at your hands…were you meant to be a Sumo Champion??

 また、このサイトに掲載された内容がGizmodoというサイトで紹介されました。

日本語版: 強いお相撲さんの手を科学する

英語版: A Sumo’s Fingers May Matter More Than His Weight

 なお、2D:4D比に関する研究については、京都大学の平石界さんが「指と科学とお相撲と(1)」で丁寧に紹介されていますので、それをお読み頂けるといいと思います。(2)で、私たちの論文についても紹介して頂けるそうです。

平石界 「指と科学とお相撲と(1)

平石界「指と科学とお相撲と(2)
 

|

« 岡山大学のキャンパス | トップページ | 阪大リーディング大学院 »

「論文紹介」カテゴリの記事

コメント

ネガティブなコメントです。

力士のデータを使うことのメリットを述べていますが、あまり説得的であると思いません。他のスポーツでも引退した選手のみの成績を使うことができると思いますし、また例えば野球であれば打率・本塁打数などの成績は明確です。2D:4D比は、他のスポーツではすでにやられているようですが、相撲のデータを使う本質的な意義はあるのでしょうか。

JPEの有名な相撲の八百長のペーパーは、そのデータの有用性があったと思います。相撲というスポーツが個人競技で、かつ1対1のスポーツであること。千秋楽における勝ち越し・負け越しの結果が個人の利得に明確に影響をあたえることなどは、他のデータに比べて、八百長の有無をテストするのに適していると思います。

もし、相撲のデータを使うことが他のスポーツのデータを使うことよりも何かしら優れている点がなければ、海外で最近注目されている理論を日本で比較的人気のあるスポーツでテストしたということ以上の価値を、この研究に見つけることができないのですが、どうでしょうか。

投稿: michiru | 2011年12月22日 (木) 16時19分

michiru さん、コメントありがとうございました。どんなスポーツでも引退した人だけの情報をもってくればいいのですが、指の長さのデータを十分に揃えることができるかどうか、という点で、大相撲の場合には手形が相撲博物館に収集されているので、それが容易にできるということです。

投稿: 大竹 | 2011年12月22日 (木) 16時31分

なるほど。納得しました。

ただそうであるならば、引退した人云々ではなく、相撲という競技においては、特に手形の保存が頻繁に行われているのでデータにおいてメリットがあるとはっきり書くべきだと思います。(論文には書いてあるのかもしれませんが。)

返信ありがとうございます。論文も目を通してみます。

投稿: michiru | 2011年12月22日 (木) 17時41分

了解しました。ブログの文章を少し修正させて頂きました。

投稿: 大竹 | 2011年12月22日 (木) 17時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126445/53542273

この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲の力士の人差し指と薬指の比率と昇進・成績:

« 岡山大学のキャンパス | トップページ | 阪大リーディング大学院 »