« 2011年12月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年1月

2012年1月30日 (月)

啓蒙と学問のあいだ: 熊谷尚夫著『現代経済学入門』(日本評論社)

 啓蒙と学問のあいだ
             大竹文雄
 経済学と聞いて一般の人がイメージするのは、株価の予測だったり、景気予測だったりするのではないだろうか。いわゆる“エコノミスト”というのは、そういうことが期待されている職業だ。オイルショックを中学生のころに経験した私が経済学部に入学した動機も、物価の変動を予測できるようになりたいというものだった。ところが、経済学部に入って、大学の講義に出たり、経済学の入門書を読んで、自分がイメージしたものとずいぶん違うことに戸惑った。経済理論は、弾力性だとか均衡だとかといった物理学の用語が頻出するばかりで現実の経済とどう関係するのかよくわからない。一方で、アダム・スミスのような古典の解説は、ずいぶん昔の話を聞いているようで、現在の経済とどう関連するのか理解できなかった。
 こういうギャップは、他の学問分野では比較的小さい。医学部や法学部のように職業と直結している分野だけでなく、文学部や理学部でもそうだろう。それに比べると、経済学部では学生が経済学部に期待する内容と教育内容に大きなギャップがある。それは私が学生だったころと現在でもあまり違わないのではないだろうか。
 その理由は、経済学の中身が高校までの教育で正しく伝えられていないことと、大学での教育のあり方の両方にある。どんな学問でも「きちんと分かる」までには結構時間がかかるし、そのためには努力も必要だ。ただ、その到達目標と現在の努力の関連がわからないと努力を続けていくことは難しい。私が経済学部に入って苦しんでいたのは、学んでいることとその先にあるものの関連がよくわからなかったからだ。
 そんな中、「こういうことだったのか」と理解させてくれたのが熊谷尚夫著『現代経済学入門』(日本評論社)という本だった。本書を読んだことを契機に、私は経済学の面白さに引き込まれていった。この本の「序言」には「現代のエコノミストが・・・take for grantedとされるような、基礎的な知識やorthodoxな考え方のエッセンスを読者につたえようとするのが念願」だと書かれている。これこそ啓蒙書に必要なことだ。しかし、専門家になるとこれを実践することは難しい。ところが、学問的な発見には、当たり前と思われていることを疑ってかかるという態度も重要だ。そうしてみると啓蒙と学問の間の距離は意外に短いのかもしれない。

『ミネルヴァ通信/書物逍遥』、2007年10月号、p 2.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

効率と公平を問う

一橋大学の小塩隆士先生から『効率と公平を問う』(日本評論社)をご恵贈頂いた。

 経済学でいう効率性とは何か、公平性や所得格差の問題点はどこにあるのか、教育における子どもの貧困の深刻さ、世代間の所得分配の問題について、著者のオリジナルな研究成果を含んだ最新の研究を、一般向けに分かりやすく解説している。随所に興味深い分析がある。例えば、私立中高一貫校の進学成績を決めるのは、入学時の偏差値がほとんどだが、授業時間が多いことも寄与しているという。また、15歳の時点で貧困だった人は、大学を卒業する確率が20.8%低く、成人後貧困である確率が4.0%高く、幸福だと感じる確率は9.4%低くなる。健康だと感じる確率も11.7%も下がる。この分野に少しでも関心がある人には、得るものがとても多い本だと思う。

目次

はじめに

第1章 効率性と公平性
    1 経済学はなぜ嫌われるのか
    2 効率性と公平性をどうバランスさせるか
    3 世の中の幸せをどうとらえるか
    4 なぜ人々は公平な社会を望むのか
    5 「大きな政府」と「小さな政府」のどちらがよいのか

第2章 公平性の受け止め方
    1 経済学だけで公平性は語れるか
    2 人々は格差をどう受け止めるのか
    3 格差拡大というイメージはなぜ定着しているのか

第3章 日本の再分配の問題点
    1 再分配政策は機能しているか
    2 なぜ低所得層ほど高負担なのか
    3 消費税率を引き上げて大丈夫か

第4章 効率性と公平性からみた教育
    1 経済学は教育をどうとらえるか
    2 教育に市場原理は導入できるか
    3 学校は教育にどこまで貢献できるか
    4 子供の学力は家庭で決まる――中学2年生の数学の点数の決定要因
    5 子供の人生は家庭でどこまで決まるか

第5章 世代間のゼロサム・ゲーム
    1 世代間格差はなぜ問題なのか
    2 経済学者の年金改革論はなぜ批判されるのか
    3 どうすれば社会保障を持続可能にできるか
    4 民主主義は機能し続けるか

おわりに――本書のメッセージ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

大阪大学シンポジウム”日本、いまから・ここから…”

大阪大学シンポジウム”日本、いまから・ここから…”

第1部▼ パフォーマンス「アルビレオの観測所-レクイエムから明日へ」(宮沢賢治『銀河鉄道の夜』より)
演出/山口浩章
出演/大阪大学文学研究科演劇学研究室&アートメディア論コース学生 他

第2部▼ 講演「私たちの未来選択」
(出演順)
・ 大竹文雄(大阪大学社会経済研究所・教授)
・ 小林傳司(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター・教授)
・ 石黒 浩(大阪大学基礎工学研究科・教授)

第3部▼ 座談会「教えて!これからの日本」
司会/西 靖(毎日放送アナウンサー)
大竹文雄 /小林傳司/石黒 浩

2012年03月04日(日) 13時00分から17時30分
毎日新聞社オーバルホール(大阪市北区梅田3丁目4-5 毎日新聞社・地階

申し込みはここから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪大リーディング大学院の情報 募集要項は2月1日からダウンロード可能に

 大阪大学がオールラウンド型リーディング大学院に採択され、2012年度からプログラムが開始されることは、このブログでもお知らせしたとおりです。
 この度、プログラムの準備ホームページが開設されました。今後、情報が発信されていくと思いますので、関心ある学生はチェックしておいてください。
 現段階で決定していることは、つぎの通りです。

・プログラムの内容
 各研究科での専門課程に加え、超域モジュール・ラーニング(モジュール方式による授業)、社会的課題解決・ラー ニング(プロジェクト学習)、超域イノベーション海外実習・インターンシップなどの独自プログラムの受講。そして学生が自ら企画運営するアクティブモジュールや各種プロジェクト。

・選抜の日程
 2月21日 願書受付開始
 2月29日 願書受付締切
 3月9日 1次選抜試験(書類選考を通過した者を対象として面接を行います)
 3月17~19日 2次選抜試験(グループワーク・面接・筆記試験を合宿形式で実施します)

・応募の要件
 平成24年度に大阪大学の各研究科の5年制大学院課程(博士前期課程十博士後期課程、博士課程 に入学予定の者

・学生支援体制
 奨励金(月20万円程度を予定)、メンター制度など

・説明会
 吹田地区:2月1日(水)11時30分~ @理工学図書館ラーニングコモンズ
 豊中地区:2月2日(木)11時30分~ @ステューデントコモンズ
 箕面地区:2月3日(金)16時30分~ @生協2階集合室

・募集要項(2月1日OPEN) http://www.cbi.osaka-u.ac.jp よりダウンロード可能

・パンフレット
「choiki_setumei.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月16日 (月)

日経・経済教室 「人間のクセ 政策に生かす」

1月16日の日本経済新聞の「経済教室」に「人間のクセ 政策に生かす」という論説を書きました。行動経済学の政策的な応用を中心に最近の研究をいくつか紹介しました。
 紹介した論文はつぎのとおりです。

Allcott, Hunt, and Sendhil Mullainathan (2010) ”Behavior and Energy Policy” Science 5 March 2010:  Vol. 327 no. 5970 pp. 1204-1205

Johnson, Eric J. and Daniel Goldstein (2003) “Do Defaults Save Lives?” Science 21 November 2003: 1338-1339.

Milkman, Katherine L., John Beshears, James J. Choi, David Laibson, and Brigitte C. Madrian (2011) “Using implementation intentions prompts to enhance influenza vaccination rates,” PNAS 108: 10415-10420.

Milkman, Katherine L.Mazza, Mary CarolShu, Lisa L.Tsay, Chia-JungBazerman, Max H. ”Policy Bundling to Overcome Loss Aversion: A Method for Improving Legislative Outcomes” Organizational Behavior and Human Decision Processes, forthcoming.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月12日 (木)

この世で一番おもしろいミクロ経済学

この世で一番おもしろいミクロ経済学」は、経済学の入門として、本当によくできていると思う。公民を教えている学校の先生にもおすすめです。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年4月 »