« 大阪大学シンポジウム”日本、いまから・ここから…” | トップページ | 啓蒙と学問のあいだ: 熊谷尚夫著『現代経済学入門』(日本評論社) »

2012年1月23日 (月)

効率と公平を問う

一橋大学の小塩隆士先生から『効率と公平を問う』(日本評論社)をご恵贈頂いた。

 経済学でいう効率性とは何か、公平性や所得格差の問題点はどこにあるのか、教育における子どもの貧困の深刻さ、世代間の所得分配の問題について、著者のオリジナルな研究成果を含んだ最新の研究を、一般向けに分かりやすく解説している。随所に興味深い分析がある。例えば、私立中高一貫校の進学成績を決めるのは、入学時の偏差値がほとんどだが、授業時間が多いことも寄与しているという。また、15歳の時点で貧困だった人は、大学を卒業する確率が20.8%低く、成人後貧困である確率が4.0%高く、幸福だと感じる確率は9.4%低くなる。健康だと感じる確率も11.7%も下がる。この分野に少しでも関心がある人には、得るものがとても多い本だと思う。

目次

はじめに

第1章 効率性と公平性
    1 経済学はなぜ嫌われるのか
    2 効率性と公平性をどうバランスさせるか
    3 世の中の幸せをどうとらえるか
    4 なぜ人々は公平な社会を望むのか
    5 「大きな政府」と「小さな政府」のどちらがよいのか

第2章 公平性の受け止め方
    1 経済学だけで公平性は語れるか
    2 人々は格差をどう受け止めるのか
    3 格差拡大というイメージはなぜ定着しているのか

第3章 日本の再分配の問題点
    1 再分配政策は機能しているか
    2 なぜ低所得層ほど高負担なのか
    3 消費税率を引き上げて大丈夫か

第4章 効率性と公平性からみた教育
    1 経済学は教育をどうとらえるか
    2 教育に市場原理は導入できるか
    3 学校は教育にどこまで貢献できるか
    4 子供の学力は家庭で決まる――中学2年生の数学の点数の決定要因
    5 子供の人生は家庭でどこまで決まるか

第5章 世代間のゼロサム・ゲーム
    1 世代間格差はなぜ問題なのか
    2 経済学者の年金改革論はなぜ批判されるのか
    3 どうすれば社会保障を持続可能にできるか
    4 民主主義は機能し続けるか

おわりに――本書のメッセージ
 

|

« 大阪大学シンポジウム”日本、いまから・ここから…” | トップページ | 啓蒙と学問のあいだ: 熊谷尚夫著『現代経済学入門』(日本評論社) »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126445/53806086

この記事へのトラックバック一覧です: 効率と公平を問う:

« 大阪大学シンポジウム”日本、いまから・ここから…” | トップページ | 啓蒙と学問のあいだ: 熊谷尚夫著『現代経済学入門』(日本評論社) »