« 2011年のベストセラー | トップページ | 日経・経済教室 「人間のクセ 政策に生かす」 »

2012年1月12日 (木)

この世で一番おもしろいミクロ経済学

この世で一番おもしろいミクロ経済学」は、経済学の入門として、本当によくできていると思う。公民を教えている学校の先生にもおすすめです。


|

« 2011年のベストセラー | トップページ | 日経・経済教室 「人間のクセ 政策に生かす」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

『この世で一番おもしろいミクロ経済学』、大竹先生のブログで拝見して、いま、さっそくAmazonで注文させて頂きました。ベッカー教授、ポズナー判事の『常識破りの経済学』と同様、楽しんで読めそうです。経済学の理解者・愛好者のすそ野が広がることを期待しています。

投稿: 水野雅夫@中部大学 | 2012年1月12日 (木) 11時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126445/53717609

この記事へのトラックバック一覧です: この世で一番おもしろいミクロ経済学:

« 2011年のベストセラー | トップページ | 日経・経済教室 「人間のクセ 政策に生かす」 »