« チケット転売問題のコラムへのコメントについて | トップページ | 2016年のベストセラー »

2016年9月 6日 (火)

チケット転売問題とチャリティ

チケット転売問題の解決法という私のコラムで一部のチケットをオークションにして、定価との差額を慈善団体に寄付すれば、というクルーガー教授の提案を紹介した。高倍率の一般抽選と高い参加料金によるチャリティ参加者枠という組み合わせは、東京マラソン大阪マラソンのように市民マラソンでは既に使われている。コンサートの場合と違って、マラソンの場合は申込者しか参加できないという意味で参加権が転売できない。それでも、コンサートチケットの転売問題には参考になる。

今後、コンサートの主催者が、チケットの個人認証システムを構築して転売することができないようにした場合に、どのような価格システムにするかということを考える上で有益だ。

仮に、チケット転売が不可能な状態で人気のコンサートチケットの抽選倍率が何十倍にもに達したとする。それでも、アーティスト側は、安いチケットで楽しんでもらいたいと思い、ファンは全て平等で同じ金額で、同じ当選確率でなければならない、という事態が続くのだろうか。熱心なファンの中には、何度応募しても抽選に当選しない不運な人も出てくるだろう。チケット転売もないので、お金を出してもコンサートにいくことができない。そういう状況になったときに、一部の席を高いオークションにするということは一つの選択肢だろう。しかし、オークションでアーティストや主催者側が儲けるのは公正ではない、という価値観があるのなら、マラソン大会で行なわれているようにチャリティ型にすることも考えられるのではないか。

|

« チケット転売問題のコラムへのコメントについて | トップページ | 2016年のベストセラー »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126445/64166492

この記事へのトラックバック一覧です: チケット転売問題とチャリティ:

« チケット転売問題のコラムへのコメントについて | トップページ | 2016年のベストセラー »